印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

SP5.7から5.8にアップグレードした際の設定引き継ぎについて

Solution ID
1314641
対象製品 
ServerProtect Ver5 - 5.8; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2012/06/16 8:53 午前 
最終更新日 
2013/01/30 4:01 午前 

ServerProtect 5.7から5.8にアップグレードを行った後も設定を引き継がれますか?

ServerProtect 5.7から5.8にアップグレードを行っても基本的には設定を引き継ぐことが可能です。
ただし、アップデートの設定において、パターンファイルなどのコンポーネントのダウンロード元をUNCパスで指定している場合は、アップグレード後のアップデート元の設定が ServerProtect 5.8のAUサーバのURLに上書きされるため、アップグレード後手動で書き換えを行う必要があります。

その為、コンポーネントのダウンロード元をUNCパスで指定している場合にはアップグレード前に設定内容をあらかじめ記録しておくことをお勧めいたします。
※UNCパスは管理コンソールの「アップデート」よりダウンロードの「設定」をクリックすると開かれる「ダウンロードオプション」で確認できます。

なお、Trend Micro Control Manager (以降、Control Manager) をご利用の環境の場合、アップグレード直後同様にServerProtect 5.8のAUサーバのURLに設定が上書きされますが、その後Control Managerからコンポーネントが配信されるとControl ManagerのURLに自動的に戻るため手動で書き換えは必要ありません。

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報