印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

旧バージョンからウイルスバスター コーポレートエディション 10.6への アップグレードにより利用可能な主な機能

Solution ID
1313139
対象製品 
ウイルスバスター コーポレートエディション - 10.6; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2012/01/24 8:02 午後 
最終更新日 
2014/08/28 11:18 午前 

旧バージョンからウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.) 10.6への アップグレードにより利用可能な主な機能について教えてください。

旧バージョンからウイルスバスター Corp.10.6への アップグレードにより、利用可能な主な機能は下図のとおりです。
 

     
  • ※1 ウイルスバスター Corp. 10.6ではSPSのパフォーマンスがCorp. 10.5よりも向上。
  • ※2 ウイルスバスター Corp. 10.6では、クライアントセルフプロテクションのきめ細かい設定
       が可能。 またデバイスコントロールの設定を内部クライアント / 外部クライアントに別の
       設定を割り当て可能
  • ※3 ウイルスバスター Corp. 10.5Patch1にて対応。
 
上記の各機能の説明は、管理者ガイドに記載しております。最新版の管理者ガイドは以下のリンクよりご参照下さい。また、ウイルスバスター Corp. 10.6 より追加された機能については、以下のFAQをご参照ください。
 
 

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報