印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

ServerProtect 5.8 for Windowsとウイルスバスター コーポレートエディション11.0の違い

Solution ID
1313102
対象製品 
ServerProtect Ver5 - 5.8;ウイルスバスター コーポレートエディション - 11.0; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2012/01/13 2:11 午後 
最終更新日 
2015/05/25 7:59 午後 

Client / Server SuiteまたはServerProtection for Windowsのライセンスを購入した場合、サーバOSにはどちらの製品をインストールすべきでしょうか

ServerProtect はサーバOSにのみインストール可能です。
Client / Server Suite
のライセンスをお持ちで、クライアントOSとサーバOSを一元管理されたい場合には、
ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.)の導入をお勧めします。

ウイルス対策を実際に行うのは、ウイルスバスター Corp.クライアントまたはServerProtect 一般サーバになります。
ウイルスバスター Corp.サーバは、ウイルスバスター Corp.クライアントを集中管理するためのソフトウェアであり、ServerProtectインフォメーションサーバはServerProtect一般サーバを集中管理するためのソフトウェアです。これらにはウイルスを検出する機能は備えておりません。

ウイルスバスター Corp.とServerProtectの各バージョンによる対応OSおよび機能の違いは、下の表からご確認ください。

詳細すべて確認

対応OS一覧表

OS

ウイルスバスター
Corp. 11.0
クライアント

ServerProtect
for Windows 5.8
一般サーバ

Windows Server 2003 (Standard/Enterprise/Datacenter/Web)


(Standard/Enterprise/
Datacenterのみサポート)
Windows Server 2003 R2 (Standard/Enterprise/Datacenter)

Windows Storage Server 2003 (Basic/Workgroup/Standard/Enterprise)


(
Standard/Enterpriseのみサポート)

Windows Storage Server 2003 R2 (Basic/Workgroup/Standard/Enterprise)


(
Standard/Enterpriseのみサポート)

Windows Compute Cluster Server 2003

×

Windows Server 2008 (Standard/Enterprise/Datacenter)

Windows Server 2008 R2 (Standard/Enterprise/Datacenter)

Windows Storage Server 2008 (Basic/Workgroup/Standard/Enterprise)


(
Standard/Enterpriseのみサポート)
Windows Storage Server 2008 R2 (Basic/Workgroup/Standard/Enterprise)


(
Standard/Enterpriseのみサポート)
Windows Web Server 2008
Windows Web Server 2008 R2

Windows HPC Server 2008

×
Windows HPC Server 2008 R2

×
Windows MultiPoint Server 2010

×
Windows MultiPoint Server 2011

×
Windows MultiPoint Server 2012

×

Windows Server 2012 (Essentials/Standard/Datacenter)

(Standard/Datacenterのみサポート)

Windows Server 2012 R2 (Essentials/Standard/Datacenter)

(Standard/Datacenterのみサポート)

Windows Storage Server 2012 (Workgroup/Standard)

Windows Storage Server 2012 R2 (Workgroup/Standard)

この表は、ServerProtect とウイルスバスター Corp.の比較表であるため、Windows XP / Vista、7 等のクライアントOSを表記しておりません。各製品のより詳細な対応OSについては、以下の製品Q&Aを参照してください。



機能一覧表

機能

ウイルスバスター Corp. 11.0

ServerProtect for Windows 5.8

リアルタイム検索

スマートスキャン

×

挙動監視

×

ルートキット対策

管理サーバ自身の差分アップデート

×

隔離されたウイルスの暗号化

×

ファイアウォール

×

ダメージクリーンナップテンプレート/エンジンの自動アップデート

スパイウェア検索

Webレピュテーション

×

データ保護 ×
デバイスコントロール ×
IPv6対応 ×

管理サーバを経由せず、クライアント自身がActiveUpdateサーバから直接アップデート

×

Trend Micro Control Managerによる集中管理


MCPエージェント


Patch 5以後 : MCPエージェント
Patch 4以前 : TMIエージェント

Smart Protection

×


表内の各表記に関する注釈

管理サーバ:
ウイルスバスター Corp.では、「ウイルスバスター Corp.サーバ」
ServerProtectでは、「ServerProtectインフォメーションサーバ」

クライアント:
ウイルスバスター Corp.では、「ウイルスバスター Corp.クライアント」
ServerProtectでは、「ServerProtect一般サーバ」

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報