印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

「coreServiceShell.exe」プロセスのCPU使用率が高くなる

Solution ID
1311379
対象製品 
ウイルスバスター 2011 - 3.0, バージョン不明; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2011/01/31 4:31 午後 
最終更新日 
2012/02/22 5:46 午前 

プロセス「coreServiceShell.exe」のCPU使用率が50%以上を占有し続けます。

一部の環境において、ウイルスバスター2011起動後に他のプログラムを複数同時に起動した際、coreServiceShell.exeのCPU使用率が50%以上占有し続ける現象を確認しています。

本現象が発生する場合は以下の手順をお試しください。

<操作手順>

(1) 以下のリンクより、修正モジュールをダウンロードしてください。

   修正モジュール

(2) ダウンロードした修正モジュールをダブルクリックで実行します。

(3) 次のメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
 
      「プログラムを最新版にアップデートしますか?」

     ※注意: 処理が完了し、次のメッセージが表示されるまでしばらくお待ちください。
 
(4) 次のメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
 
      「最新版へのアップデートを完了しました。アップデート内容を有効にするには、
      コンピュータを再起動してください。」
 
(5) コンピュータを再起動してください。

※本HotFixの適用後に、コンピュータの再起動を促すメッセージが2回表示されます。

上記の操作で現象に回避が見られない場合、お手数ですが、以下のページより
サポートセンターへお問い合わせください。


 お問い合わせ - ウイルスバスターサポートWeb




このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

問い合わせする

お役立ち情報