印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

「対話型サービス」のエラーがWindowsイベントログに記録される

Solution ID
1309698
対象製品 
ServerProtect Ver5 - 5.8; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2010/03/16 5:51 午後 
最終更新日 
2012/02/22 4:50 午前 

Windows Server 2008にServerProtect 5.8をインストールしたところ、次のようなエラーメッセージが記録されていました。ServerProtectの動作には問題ありませんか。

  • Trend ServerProtect Agent サービスは、対話型サービスとしてマークされています。しかし、システムは対話型サービスを許可しないように構成されています。このサービスは正常に機能しない可能性があります。
     
  • StartAG サービスは、対話型サービスとしてマークされています。しかし、システムは対話型サービスを許可しないように構成されています。このサービスは正常に機能しない可能性があります。
     
  • StartNS サービスは、対話型サービスとしてマークされています。しかし、システムは対話型サービスを許可しないように構成されています。このサービスは正常に機能しない可能性があります。
     
  • Trend ServerProtect サービスは、対話型サービスとしてマークされています。しかし、システムは対話型サービスを許可しないように構成されています。このサービスは正常に機能しない可能性があります。

このエラーは、OSがユーザとサービスの対話を許可していないということを意味しています。
しかし、単にOSは警告しているだけであり、ServerProtectの動作には影響ありません。

"Trend ServerProtect"および"Trend ServerProtect Agent"サービスは、それぞれ一般サーバとインフォメーションサーバのプロセスです。
各サービスが直接ユーザに何らかの操作を求めることはなく、また、通常は管理コンソールなどのアプリケーションを通じて各サービスに対する命令を出しますので、対話型サービスに関するエラーメッセージが出力されていても、ServerProtectの動作には影響がありません。

"StartAG"および"StartNS"は、インストール時にServerProtectのサービスを起動させるために使用される一時的なサービスです。
OSによってこれらのサービスも監視されているため、同様のメッセージが記録されます。
こちらもユーザと対話を行うようなサービスではなく、内部的に処理が行われるものですので影響はありません。


なお、「対話型サービス」に関するメッセージをServerProtectのインストール時に出力させないようにすることはできません。
ServerProtectのインストール完了後は、サービスのプロパティに「デスクトップとの対話をサービスに許可」のオプションが自動的にOSによって付与されているので、そのようなメッセージはインストール時以外は記録されません。

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報