印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

ServerProtect for Windows 5.8 の新規インストール手順

Solution ID
1309098
対象製品 
ServerProtect Ver5 - 5.8; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2009/10/07 12:29 午後 
最終更新日 
2015/06/30 5:30 午後 

ServerProtect for Windows  5.8のインストール手順を教えてください。

 【注意】
1) Windows Server 2008以降では初期設定の状態でWindowsファイアウォールが有効になっています。
あらかじめServerProtectの通信に必要なポートを開ける必要があります。
必要なポートが開いていない場合、インフォメーションサーバへの登録時に支障が出て、手動アンインストール後の再インストールが必要になることがあります。
 
2) ServerProtectのシステム要件については、次のWebサイトを参照してください。
http://www.trendmicro.co.jp/jp/business/products/spnt/index.html#requirement


  1. インストール用CD-ROMから"SPNT58.exe"を実行します。お手元にCD-ROMがない場合は、最新版ダウンロードから入手してください。

     【注意】

    Windows Server 2008以降ではビルトインアカウント(OSのインストール時に自動的に作成されていた管理者アカウント)を使用してください。


    インストール用ファイルの解凍が始まりますので、しばらくお待ちください。

      
  2. [次へ]を押します。

     
  3. 使用許諾をご覧の上、同意した場合は[次へ]を押してください。

     
  4. ブートセクタのウイルス検索が完了しましたら[OK]を押します。

     
  5. 名前、会社名、シリアル番号を入力します。
    シリアル番号を入力しない場合、体験版として30日間ご利用いただけます。

     
    注意:「名前」および「会社名」は半角40文字(全角20文字)以内で入力する必要があります。
    全角20文字を超える名称で登録した場合、以下のように「BRWSVR」と言うタイトルで空白のポップアップが表示され、製品版のシリアル番号を入力しても体験版としてインストールされてしまいます。


  6. インストールするコンポーネントを選択します。ServerProtect 5.8のインフォメーションサーバが1台もないときは、3つすべてにチェックを入れてください。 
    追加で一般サーバのみをインストールしたい場合は、「ServerProtect一般サーバとしてインストールする」にのみチェックを入れてください。
    また後のPatch適用の動作等への影響を避ける為、インストールフォルダのパスは極力変更せず初期設定のままを推奨致します。

     
  7. 一般サーバまたはインフォメーションサーバのインストールを選択すると、ログオン情報を入力する画面になります。(ビルトインの管理者アカウントをご利用ください。)
    インストール先のサーバに対して管理者権限を持つユーザ名・パスワードを入力し、[次へ]を押してください。「ドメイン名」の項目はWindowsの管理者権限(Administrator)が与えられたローカルアカウントと、そのユーザのパスワードを入力する場合は空欄で問題ありません。

    「ドメイン名」の項目に入力するケースは、ユーザ名の項目にドメイン環境上で使用するDomainAdminアカウントを指定した場合のみ、Windowsドメイン名を指定します。
    ※使用するDomainAdminは、ローカルのAdministratorと同じ権限である必要があります。

     
     
    初めてインストールするときはフォルダを作成するかどうか確認メッセージが表示されます。[はい]をクリックしてください。

     
  8. インフォメーションサーバのパスワードを設定します。
    このパスワードは管理コンソールを使ってインフォメーションサーバに接続するとき(ログオン時)などに使用します。
     
     
  9. ショートカットを置く場所の種類を選択します。(通常は初期設定のままでかまいません。)

     
  10. スタートメニュー内のどの場所にショートカットを置くかを決めます。(通常は初期設定のままでかまいません。)

     
  11. 確認画面が表示されます。[次へ]を押して先に進むとファイルのコピーが始まります。


    ファイルのコピーが始まります。

     
  12. インストールが完了したら[終了]を押してください。

     
  13. Trend Micro Control Manager (以下、Control Manager) エージェントのインストールを行う画面が表示されます。
    Control Managerエージェントは後からでもインストールできます。Control Manager エージェントを使用される場合は、Control Managerエージェントのインストール手順をご覧ください。

    ※Control Managerをまだ構築されていない、また構築予定がない場合は[いいえ]を押してインストーラを終了させてください。


     

以上でServerProtect 5.8 のインストールは完了です。

他のサーバに一般サーバプログラムをローカルインストールする場合は、"SPNT58.exe"をコピーしてご利用ください。コンポーネントの選択画面で「一般サーバ」のみにチェックを入れると、一般サーバのみがインストールできます。
その際、管理を行うインフォメーションサーバの指定を行いますので、ネットワーク内に1台はインフォメーションサーバの役割を担ったサーバが必要です。

【インストールが完了したら】
下記WEBページより、最新の修正モジュールを適用してください。

最新版ダウンロード

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報