印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

ServerProtect 一般サーバを ウイルスバスター コーポレートエディション 10.0 に移行する方法

Solution ID
1308696
対象製品 
ServerProtect Ver5 - 5.58, ServerProtect Ver5 - 5.7;ウイルスバスター コーポレートエディション - 10.0; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2009/07/29 2:42 午後 
最終更新日 
2012/07/02 9:38 午後 

ServerProtect 一般サーバを ウイルスバスター コーポレートエディション 10.0 (以下、ウイルスバスター Corp.) に移行する方法を教えてください。

ServerProtect 一般サーバが動作しているコンピュータを ウイルスバスター Corp. クライアントに移行するには、ServerProtect 一般サーバ移行ツールを使用します。このツールのシステム要件は、ウイルスバスター Corp. サーバのシステム要件に準じます。Windows 2000/Server 2003/2008 のコンピュータ上で実行してください。

注意1:
ServerProtect 一般サーバが正常にアンインストールされると、ウイルスバスター Corp. クライアントがインストールされます。ただし、ServerProtect 一般サーバの設定を保持してウイルスバスター Corp. クライアントの設定に移行させることは行われません。

注意2:
ServerProtect 一般サーバ移行ツールでは、ServerProtect 用のControl Manager エージェントはアンインストールされません。

ServerProtect 一般サーバ移行ツールを使用して移行を実行するには、以下の手順を行ってください。

1. SPNSXfr.exe および SPNSXfr.ini ファイルを、ウイルスバスター Corp. サーバの PCCSRV¥Admin¥Utility¥SPNSXfr フォルダから PCCSRV¥Admin フォルダにコピーします。

2. PCCSRV¥Admin フォルダにコピーした SPNSXfr.exe ファイルをダブルクリックします。ServerProtect 一般サーバ移行ツールのコンソール が開きます。



3. [ウイルスバスター Corp. サーバコンピュータ] で、ツールを実行するウイルスバスター Corp. サーバを選択します。ウイルスバスター Corp. サーバのパスが [ウイルスバスター Corp. サーバパス] の下に表示されます。パスが不適切な場合には、[選択] をクリックし、ウイルスバスター Corp. をインストールしたディレクトリの PCCSRV フォルダを選択します。
次回ツールを起動する際にウイルスバスター Corp. サーバの場所が自動的に特定されるようにするには、[サーバのパスを自動検索する] チェックボックスをオンにします(初期設定ではオンになっています)。

4. [対象コンピュータの選択] で次のいずれかをクリックし、ServerProtect 一般サーバが動作しているコンピュータを選択します。このコンピュータ上で移行が実行されます。

・Windows ネットワークツリー:ネットワーク上のドメインのツリーが表示されます。この方法でコンピュータを選択するには、検索するクライアントコンピュータのドメインをクリックします。

・インフォメーションサーバ名:インフォメーションサーバ名で検索します。この方法でコンピュータを選択する場合、ネットワーク上のインフォメーションサーバの名前をテキストボックスに入力します。複数のインフォメーションサーバを検索するには、サーバ名とサーバ名の間にセミコロン (;)  を挿入します。

・特定の一般サーバ名:一般サーバ名で検索します。この方法でコンピュータを選択する場合、ネットワーク上の一般サーバの名前をテキストボックスに入力します。複数の一般サーバを検索するには、サーバ名とサーバ名の間にセミコロン (;) を入れます。

・IP アドレス範囲検索:IP アドレスの範囲で検索します。この方法でコンピュータを選択する場合、[IP アドレス範囲] の下にクラスBのIP アドレスの範囲を入力します。

注意:
ネットワーク上のDNS サーバがクライアントの検索時に応答しない場合、検索は応答を停止します。検索がタイムアウトになるまでお待ちください。

5. Windows Server 2003 が動作しているコンピュータを検索に含めるには、[Windows 2003 を含める] チェックボックスをオンにします。

6. Windows Server 2003 が動作しているコンピュータを自動的に再起動するには、[インストールした後に再起動します] チェックボックスをオンにします。Windows Server 2003 コンピュータで移行を正常に完了させるには、コンピュータを再起動する必要があります。

7. [検索] をクリックします。検索結果が [ServerProtect 一般サーバ] の下に表示されます。

8. 移行を実行するコンピュータをクリックします。
・すべてのコンピュータを選択するには、[すべて選択] をクリックします。
・すべてのコンピュータの選択を解除するには、[すべて選択解除] をクリックします。
・リストをカンマ区切り形式 (CSV) ファイルにエクスポートするには、[CSV 形式でエクスポート] をクリックします。

9. 対象コンピュータへのログインにユーザ名とパスワードが必要な場合は、次の操作を実行します。

 a. [グループアカウント/ パスワードの使用] チェックボックスをオンにします。

 b. [ログオンアカウントの設定] をクリックします。[管理者情報の入力] ウィンドウが表示されます。

 c. ユーザ名とパスワードを入力します。

 注意:
 ローカル/ ドメイン管理者アカウントを使用して、対象コンピュータにログオンします。「ゲスト」や「通常のユーザ」のような不十分な権限でログオンすると、インストールを実行できません。

 d. [OK] をクリックします。

 e. [ログオンに失敗した場合再度入力] をクリックすると、ログオンできなかった場合、移行処理中に再度ユーザ名とパスワードを入力できます。

10. [移行] をクリックします。

11. すべての一般サーバの移行が完了したら、次の ServerProtect 関連プログラムを [コントロール パネル] の [アプリケーションの追加と削除] でアンインストールします。
・ServerProtect インフォメーションサーバ
・ServerProtect 管理コンソール
・Trend Micro Control Manager Agent for ServerProtect

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報