印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

ServerProtect for Linux 3.0 用 Service Pack 1 Patch 1 (Build 1252)の概要および適用方法

Solution ID
1308602
対象製品 
ServerProtect for Linux - 3.0; 
対象OS 
Linux - すべて 
公開日 
2009/07/22 2:45 午後 
最終更新日 
2017/11/19 7:52 午前 

ServerProtect for Linux 3.0 用Service Pack 1 Patch 1 (Build 1252)の概要および適用方法について教えてください。

■目次
修正される内容

インストールの前に
システム要件
最新版ダウンロード
インストール手順
インストールの確認手順
インストールの後に
設定
アンインストール(ロールバック)手順

■修正される内容
本Patchでは、ServerProtect Service Pack 1リリース以降に発生した既知の問題および不具合を修正します。

また、以下のCritical Patchによる修正も含まれています。
 - ServerProtect for Linux 3.0 Red Hat Linux版 Critical Patch (Build 1235)
 - ServerProtect for Linux 3.0 SuSe Linux版 Critical Patch (Build 1235)

本Patchには、次の機能が追加されています。
 - ServerProtect内部で使用するHTTPサーバがアップグレードされ、セキュリティの問題を修正
 - 最新のKernel Hook Moduke (KHM) パッケージのKHMソースコードを最新バージョンにアップグレード
 - カーネルデバッグログに動的な有効化機能を追加
  この機能を有効にする手順については、「■設定」を参照してください。

 - 以下のカーネル用のKHMを追加

RedHat Enterprise Linux 5 / Asianux 3.0
 - splxmod-2.6.18-128.1.6.el5.i686.o
 - splxmod-2.6.18-128.1.6.el5PAE.i686.o
 - splxmod-2.6.18-128.1.6.el5.i686.o
 - splxmod-2.6.9-78.0.17.EL.i686.o
 - splxmod-2.6.9-78.0.17.ELsmp.i686.o"

SUSE Linux Enterprise 10
 - splxmod-2.6.16.21-0.8-bigsmp.i686.o
 - splxmod-2.6.16.21-0.8-default.i686.o
 - splxmod-2.6.16.21-0.8-default.x86_64.o
 - splxmod-2.6.16.21-0.8-smp.i686.o
 - splxmod-2.6.16.21-0.8-smp.x86_64.o
 - splxmod-2.6.16.27-0.9-bigsmp.i686.o
 - splxmod-2.6.16.27-0.9-default.i686.o
 - splxmod-2.6.16.27-0.9-default.x86_64.o
 - splxmod-2.6.16.27-0.9-smp.i686.o
 - splxmod-2.6.16.27-0.9-smp.x86_64.o"

SUSE Linux Enterprise 11
 - splxmod-2.6.27.42-0.1-default.i686.o
 - splxmod-2.6.27.42-0.1-default.x86_64.o
 - splxmod-2.6.27.42-0.1-pae.i686.o
 - splxmod-2.6.27.42-0.1-xen.i686.o
 - splxmod-2.6.27.42-0.1-xen.x86_64.o"

RedHat Enterprise Linux 4 / Asianux 2.0
 - splxmod-2.6.9-22.ELsmp.i686.o
 - splxmod-2.6.9-22.EL.i686.o
 - splxmod-2.6.9-22.ELhugemem.i686.o
 - splxmod-2.6.9-22.EL.x86_64.o
 - splxmod-2.6.9-22.ELsmp.x86_64.o
 - splxmod-2.6.9-55.ELsmp.i686.o
 - splxmod-2.6.9-55.EL.i686.o
 - splxmod-2.6.9-55.ELhugemem.i686.o
 - splxmod-2.6.9-55.ELsmp.x86_64.o
 - splxmod-2.6.9-55.EL.x86_64.o"

CentOS 4
 - splxmod-2.6.9-89.0.19.EL.i686.o
 - splxmod-2.6.9-89.0.19.ELsmp.i686.o
 - splxmod-2.6.9-89.0.19.ELsmp.x86_64.o
 - splxmod-2.6.9-89.0.19.EL.x86_64.o"

CentOS 5
 - splxmod-2.6.18-164.11.1.el5.i686.o
 - splxmod-2.6.18-164.11.1.el5PAE.i686.o
 - splxmod-2.6.18-164.11.1.el5.x86_64.o
 - splxmod-2.6.18-164.11.1.el5xen.i686.o
 - splxmod-2.6.18-164.11.1.el5xen.x86_64.o"

 

本Patchでは、次の問題が修正されています。

  1. 「/etc/resolve.conf」のドメイン情報が長すぎる場合は、ServerProtectをTrend
       Micro Control Manager (以下、Control Manager) に登録できない問題
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       ホストコンピュータのドメイン名を検索する方法を変更することにより、この
       問題が修正されます。
    
   2. すべてのコンポーネントが最新の状態である場合にServerProtectでアップデート
      を実行すると、イベントログに誤った情報が表示される問題
      これにより、Control Managerは、「アップデート失敗」というメール通知が送信
      されていました。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      ServerProtectでは、このアップデートが正常にアップデートされたと記録されま
      す。Control Managerでは、アップデートの必要がないことがわかり、「アップ
      デート失敗」という通知は送信されなくなります。

   3. 検索エンジンまたはスパイウェアパターンファイルのみがアップデートされた
      場合、ServerProtectから、Control Managerにイベントログが送信されない問題
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      検索エンジンまたはスパイウェアパターンファイルのみがアップデートされた
      場合でもイベントログがControl Managerに送信されます。これにより、
      設定した場合にControl Managerがイベントのステータスに関するメール通知を
      送信できるようになります。

   4. ServerProtectを完全修飾ドメイン名 (FQDN)を使用して Control Managerに登録
      している場合に、Linux OSの起動中、ネットワークサービスがまだ起動されて
      いないため名前解決ができずに、登録プロセスが失敗することがある問題
 
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      ServerProtectでは、Control Managerの登録に失敗した場合、特定の期間内に
      登録が何度も再試行されるようになります。
    
   5. ServerProtectサービスの停止時に、リアルタイム検索が動作していない場合、
      予約検索プロセスを終了できない問題
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      ServerProtectサービスを停止するための「/etc/init.d/splx stop」コマンドを
      実行すると、予約検索プロセスが正常に停止されるようになります。
    
   6. パターンファイルまたは検索エンジンが正常にアップデートされた場合でも、
      システムログに以下のメッセージが記録される問題。
      Description:「ActiveUpdate not completed」
      reason:「ActiveUpdate successfully downloaded the patch files.
      Patch update is now in progress」
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      新しいパラメータ「WaitingTime」が「tmsplx.xml」ファイルの[ActiveUpdate]
      セクションに追加されます。「WaitingTime」パラメータの初期設定値は「60」秒
      です。この値は、大部分のアプリケーションに適しています。この値は必要に応
      じて設定時間を変更することができます。
   
   7. 手動検索または予約検索でセキュリティリスクを検出した場合、ServerProtectで
      メール通知が送信されない問題
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     「AlertInfectionFoundByMS」キーが「tmsplx.xml」ファイルに追加されます。
      この新しいキーを有効にした場合、ServerProtectでは、検出された
      セキュリティリスクに関するメール通知を手動検索または予約検索の後に送信
      するようにできます。
   
   8. ライセンス期限情報が誤って表示される問題
      Webコンソールに表示されたライセンスの失効日は、実際のライセンス失効日より
      1ヵ月早く表示されていました。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      ServerProtectでは、新しい方法を使用して更新猶予期間失効日が計算されます。
      その結果、正しいライセンスの失効日が表示されるようになります。

   9. 新規に作成された「splxhttpd」プロセスのプロセスIDが、そのIDの前に作成され
      たものよりも大きい場合、「splxhttpd」及び「entity」サービスが正しく停止
      しない問題
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      ServerProtectでは、新しい方法を使用して「splxhttpd」および「splxcore」
      スクリプトの「splxhttpd」および「entity」プロセスを停止します。これに
      より、ServerProtectで2つのプロセスを正しく停止できるようになります。

目次に戻る

■インストールの前に

インストールを行なう前に、付属のReadmeファイルおよび管理者ガイドをお読みください。ServerProtectのご利用にあたり重要な情報が記載されています。
本ServerProtect for Linux 3.0 用Service Pack 1 Patch  (Build 1252)の適用前に ServerProtect for Linux 3.0 マスタープログラム、およびServerProtect for Linux 3.0 Service Pack 1がインストールされている必要があります。

         

ServerProtect for Linux 3.0
マスタープログラム

プロダクト

バージョン

サイズ

日付

ユーザ・ガイド

splx30_lin.tar.gz
Linux

3.0

233.2MB (244,605,925 bytes)
21分@ 1.5 Mbps

2008/01/29

Readme
クイックスタートガイド
管理者ガイド

目次に戻る


■システム要件

本Patchの適用前に、ServerProtect for Linux 3.0 Service Pack 1がインストールされていることが必要です。

目次に戻る


■最新版ダウンロード
ServerProtect for Linux 3.0 用Service Pack 1 Patch 1 (Build 1252)をダウンロードします。
次のファイルは「最新版ダウンロード」からもダウンロードできます。

         

ServerProtect for Linux 3.0 Service Pack 1 Patch 1(Build 1252)

プロダクト

バージョン

サイズ

日付

ユーザ・ガイド

Service Pack 1 Patch 1
Linux

3.0

23.2 MB (24,401,179 バイト)

2009/07/23

Readme(UTF-8)

Readme(Shift-JIS)

         

目次に戻る

■インストール手順
本Patchをインストールするには、次の手順に従ってください。

1. ServerProtect for Linux 3.0 Service Pack 1がインストールされていることを確認します。インストール済みの場合は、手順2に進んでください。

2. rootでログオンします。

3.「/tmp/workdir」などの作業ディレクトリに「splx_30_lx_en_sp1_patch1.tar.gz」をコピーします。

4. 次のコマンドを実行してPatchファイルを解凍します。

# cd /tmp/workdir
# tar zxvf splx_30_lx_en_sp1_patch1.tar.gz
# chmod u+x splx_30_lx_en_sp1_patch1.bin
#./splx_30_lx_en_sp1_patch1.bin

注意:
      - このコマンドを実行すると、Patchのインストール前にServerProtectサービス
        が停止します。 

      - インストールプロセスが本Patchに付属するファイルで元のファイルを上書きす
        る前に、元のファイル (完全なリストについては1.3セクションを参照) は
        「.rpmsave.sp1.p1/backup/」フォルダにバックアップされます。
     
      - システムでインストールプロセスが完了すると、ServerProtectサービスが自動
        的に開始されます。

目次に戻る

■インストールの確認手順
本Patchのインストール後に次の操作を実行して、Patchが正常に適用されたことを確認します。

     1. 次のコマンドを実行します。

# rpm -qa | grep splx-3.0-sp1-patch1

2. Patchが正しくインストールされている場合、次のバージョン番号が表示されます。

splx-3.0-sp1-patch1-1.0.-1252



目次に戻る


■インストールの後に

インストールを行なった後に、ウイルスパターンファイルおよびウイルス検索エンジンのアップデートを行なうことを強くお勧めします。最新のウイルスに対応するために、ウイルス検索エンジン、ウイルス検索パターンファイルを、常に最新の状態に保っていただく必要があります。

製品Q&A:5174「検索エンジンの手動更新方法

目次に戻る


■設定
カーネルデバッグログを動的に有効にするには、次のコマンドを実行します。

# echo 1 > /proc/splx/khm_debug_level

   注意: 
   - ここで、「1」は設定するカーネルデバッグログのレベルです。
     有効な値の範囲は、0~3です。「3」より大きな値はいずれも3として処理されま
     す。「0」より小さい値はいずれも0として処理されます。浮動値は整数に切り捨て
     られます。整数以外の値は「無効」として処理され、拒否されます。

   - 本Patch適用後に、パターンファイルや検索エンジンのアップデートを実行する
     ことをお勧めします。

目次に戻る

■アンインストール(ロールバック)手順
カスタマイズ設定を保存すると同時に以前のServerProtect Service Pack 1の設定に
ロールバックするには、次の手順に従ってください。

1.次のコマンドを入力します。

# rpm -e splx-3.0-sp1-patch1

注意: Patch 1がアンインストールされる直前まで使用されていた設定ファイル
   「tmsplx.xml」は、Patch 1アンインストール後、
   「tmsplx.xml.sp1.p1.rpmsave」として保存されます。また、Patch 1
   アンインストール後に使用される設定ファイル「tmsplx.xml」は
   Patch 1インストール当時にバックアップされていたファイルに置換されます。

2. Patch 1アンインストール時に、Patch 1適用以降に編集したtmsplx.xmlの
 変更内容は失われ、Patch 1インストール時のtmsplx.xmlに戻ります。
 Patch 1適用以降に編集した設定情報を復元されたい場合は、
 「tmsplx.xml.sp1.p1.rpmsave」を参照いただきながら、tmsplx.xmlに
 対して設定の復元を手動でお願いいたします。


目次に戻る


■既知の制限事項
      制限事項はありません。

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報