印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

ウイルスファイルが「Prefetch」フォルダ内で発見される

Solution ID
1307172
対象製品 
その他 - ; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2009/02/11 7:02 午前 
最終更新日 
2012/02/22 3:46 午前 

ウイルスが使うファイル名のファイルがPrefetchフォルダ内で発見された。ウイルス検索をかけても発見されないが大丈夫でしょうか?

Windows XP上でウイルスに感染した場合、ウイルスファイル名と同じ文字列を含んだファイル名で拡張子が".pf"のものが「Prefetch」フォルダ内で発見される場合があります。
 「Prefetch」フォルダは最近アクセスしたファイルを記録し、使用頻度の高いファイルを若干速く読み込むようにするために使用するインデックスのようなものです。ここに含まれるファイルは、実際のファイル内容とは異なります。
 「Prefetch」フォルダ内にウイルスファイルと同じファイル名が存在してもそれはショートカットのようなものであり、それ自体に不正コードは含まれているものではありません。それ単体では不正活動の危険もございませんのでご安心ください。

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報