印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

ServerProtect のログ(SpntLog)の自動削除/自動バックアップ機能

Solution ID
1306671
対象製品 
ServerProtect for EMC Celerra - 5.8;ServerProtect for NetAPP - 5.8;ServerProtect Ver5 - 5.8; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2009/02/11 6:47 午前 
最終更新日 
2015/11/20 12:56 午後 

ServerProtect のログ(SpntLog)の自動削除/自動バックアップ機能について

バージョン5.5以降のバージョンで以下の機能が追加されました。

・ログのデータファイルが設定※以上(初期設定10MB)以上になったら、10MBを超えた分のログをバックアップして削除

Trend ServerProtectサービスが起動したタイミングで、上記の条件を超えている場合は、バックアップファイル(C:¥ProgramFiles¥Trend¥SProtect¥SpntLog¥SpntYYYYMMDDhhmmss.dbf)を作成して、バックアップした分のログを本来のログ(C:¥ProgramFiles¥Trend¥SProtect¥SpntLog¥Spntlog.dbf)から削除します。

この機能はサービスが起動するタイミングのみに行われるため、サービスを起動したままの状態で上記の上限を超えてもこの機能は動作しません。

※ログのデータファイルの設定については以下のFAQをご参照ください。
ServerProtect のログ(SpntLog)のデータファイルのサイズ変更について


バックアップされたログファイルの内容を参照するためには、¥Sprotect¥LogViewer.exeファイルを実行して「File」メニューの「Open」より、参照したいログを選択してください。

または、SpntYYYYMMDDhhmmss.dbfファイルをLogViewer.exeにドラッグアンドドロップすることでも参照することができます。

注意事項:
ログファイルの容量が大きくなると、動作が不安定になる場合がございます。ログの自動削除をタスク機能で設定いただくと便利です。(参考:クイックスタートガイドのタスクの管理をご覧ください)

※ ログのバックアップファイル(SPNTyyyymmddhhmmss.dbf)は自動削除の対象にはなりません。

ServerProtect for Windows 5.8 Patch 1 (ビルド1240)以降もしくはServerProtect for Netapp / EMC 5.8 の初期ビルド以降では、サービス起動後の経過時間によるログローテーションも可能となりました。
詳細については、以下の製品Q&Aを参照してください。

ログローテーションの設定方法

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報