印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

ServerProtect for Linuxが使用するポート

Solution ID
1306372
対象製品 
ServerProtect for Linux - 1.25, 1.3, 2.5, 3.0; 
対象OS 
Linux - すべて 
公開日 
2009/02/11 6:39 午前 
最終更新日 
2012/10/13 4:42 午前 

ServerProtect for Linuxの待ち受けポートとその使用目的は以下のようにな
ります。

≪バージョン:1.x, 2.x, 3.x≫
Port 14942(HTTP)、14943(HTTPS)
 
ServerProtect for Linux管理用Webコンソールを立ち上げるために使用します。
外部からのアクセスを許可している必要があります。
管理用Webコンソールを立ち上げるために使用するポートは変更可能です。
管理用Webコンソールの使用するポートの変更方法[Solution ID 25884]

関連製品Q&A:Trend Micro Control Manager との通信で使用するポート[Solution ID 2060281]

≪バージョン:3.x≫
Port 16005

KDEのQuick Accessコンソールで使用できる機能(システムトレイでの通知アイコンの表示)で使用します。あくまでもコンピュータ内部で使用するポート番号ですので、外部のコンピュータとの通信で使用するポート番号ではありません。

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報