印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

一般サーバのパターンファイルを手動で更新するには

Solution ID
1305886
対象製品 
ServerProtect for NetAPP - 5.8;ServerProtect for Storage - All;ServerProtect Ver5 - 5.8; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2009/02/11 6:26 午前 
最終更新日 
2018/09/13 11:37 午前 

ServerProtectがインターネットに接続されていません。
一般サーバのパターンファイルの手動更新方法はありますか?

通常、一般サーバのパターンのアップデートはインフォメーションサーバから配信機能により行っております。

◆対象となる一般サーバを管理しているインフォメーションサーバがインターネットに接続されていなかった場合はこちらのページをご確認ください。

◆インフォメーションサーバからの配信機能を使用せずに行う方法は以下の通りです。
以下、一般サーバの手動パターン更新の手順をご案内いたします。
パターンファイルの入手方法については、下記の製品Q&Aをご参照ください。
ウイルスバスター コーポレートエディション / ServerProtect for Windows :ウイルスパターンファイルの入手方法

[一般サーバのみのパターンファイル手動更新方法]
▽Windows NT版▽
1)一般サーバのサービス「Trend ServerProtect」を停止してください。

 


※画像はWindows Server 2008のものです。

2)パターンファイル(lpt$vpn.###ファイル)をインストール先フォルダ
 にコピーしてください。
 デフォルトのインストールフォルダは32ビット版一般サーバの場合、 c:¥Program Files¥Trend¥Sprotectです。64ビット版一般サーバは C:\Program Files\Trend\SProtect\x64 となります。

 



3)一般サーバのサービス「Trend ServerProtect」を開始してください。



以上で作業は終了です。
ServerProtectが使用しているパターンファイルは管理コンソールの
[タスク]-「ドメインブラウザツリー」画面から確認出来ます。
次回、インフォメーションサーバからパターン更新を行ってください。

 


* ServerProtect5(NT版)一般サーバでは、パターンファイルを2つまで保持します。
3つ以上ある場合は新しい2つだけが残ります。

関連製品Q&A:一般サーバの検索エンジン手動更新方法[Solution ID 28745]

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報