印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

ウイルスバスター コーポレートエディション / ServerProtect for Windows :ウイルスパターンファイルの入手方法

Solution ID
1305254
対象製品 
ServerProtect for NetAPP - 5.8;ServerProtect Ver5 - 5.8;ウイルスバスター コーポレートエディション - 10.6, ウイルスバスター コーポレートエディション - 11.0, ウイルスバスター コーポレートエディション - XG; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2009/02/11 6:11 午前 
最終更新日 
2017/12/20 5:36 午後 

トレンドマイクロのアップデートサーバ(Active Updateサーバ)以外の場所からのウイルスパターンファイルの入手は可能ですか。

最新のパターンファイルを手動にて入手するには、以下の方法があります。

  1. 法人カスタマーサイトから入手
  2. パートーナー様向け サイトから入手
  3. 他のトレンドマイクロ製品から入手

ウイルスパターンファイル以外のコンポーネントは手動で入手することはできませんのでご注意ください。

1. 法人カスタマーサイト

法人カスタマーサイトは、トレンドマイクロの法人向け製品をお使いで、サポート担当者としてご登録されたお客様専用のページです。こちらよりウイルスパターンファイルの入手が可能です。

なお、ウイルスパターンファイルページへは、ログインが必要となります。法人カスタマーサイトのご利用方法はこちらをご覧ください。

 

 

2. パートナー様向けサイト

弊社ホームページのパートナー様向けサイトからアクセスしていただける「認定パートナー様向け」もしくは「登録パートナー様向け」のパートナーポータルサイトよりパターンファイルの入手が可能です。
入手手順は以下の通りです。

 

  1. 以下のパートナー様向けサイトにログインします。 
  2. 上部バナーの「サポート情報」>[ウイルスパターンファイルダウンロード]をクリックします。
  3. パターンファイル取得ページにアクセスできます。
 

3. 他のトレンドマイクロ製品から入手

他のトレンドマイクロ製品をご利用の場合は、以下の手順でウイルスパターンファイルを入手し、ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp. )またはServerProtect for Windowsの一般サーバに最新のウイルスパターンファイルを適用することが可能です。
 

  1. 他のトレンドマイクロ製品のActive Update機能を使ってアップデートを行います。
  2. アップデートを行った製品のインストールフォルダ(※1)などから、最新のウイルスパターンファイル(※2)を取得します。
  3. 取得したファイルをウイルスバスター Corp. サーバ(ServerProtect 一般サーバ)に適用します。(※1)
  • (※1)
    ウイルスバスター Corp.サーバの場合、初期設定のパスは「C:\Program Files\Trend Micro\OfficeScan\PCCSRV」となります。
    ServerProtect一般サーバの場合、初期設定のパスは「C:\Program Files\Trend\Sprotect」となります。
     
  • (※2)
    ファイル名は「lpt$vpn.xxx」となります。(xxxは3桁の数字

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報