印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

Microsoft Hyper-VをインストールしているMicrosoft Windows Server 2008 /2012 上での既知の制限事項

Solution ID
1303572
対象製品 
ServerProtect Ver5 - 5.8;Trend Micro ビジネスセキュリティ - 5.0;6.0;ウイルスバスター コーポレートエディション - 10.6;ウイルスバスター コーポレートエディション - 11.0;ウイルスバスター コーポレートエディション - XG;ウイルスバスター ビジネスセキュリティ - 7.0, ウイルスバスター ビジネスセキュリティ - 9.0; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2009/02/11 5:27 午前 
最終更新日 
2017/01/30 6:57 午後 

Microsoft Hyper-VをインストールしているMicrosoft Windows Server 2008 / 2012 上での既知の制限事項を教えてください。

Hyper-VをインストールしているMicrosoft Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 、Windows Server 2012 上にて、ウイルスバスター コーポレートエディション、Trend Micro ビジネスセキュリティのクライアント、及ServerProtect の一般サーバを利用した場合、以下が確認されています。


【制限事項】
ウイルスバスター コーポレートエディション、Trend Micro ビジネスセキュリティのクライアント、及ServerProtect の一般サーバのリアルタイム検索機能が動作している時にHyper-V上で新規に仮想マシンを作成する際、正常に仮想マシンの作成が完了しません。
※なお、仮想マシン作成後、ご利用環境によっては検索除外設定を解除することで予期せぬ不具合が発生する可能性がございますので運用時も引き続き検索除外設定の継続を推奨いたします。


【回避策】
Microsoft Windows Server 2008 または Windows Server 2012 のHyper-Vに関する特定のフォルダをリアルタイム検索対象フォルダから除外設定することにより、正常に仮想マシンを運用することが可能となります。

除外対象フォルダ:「Hyper-Vの設定」内の、仮想マシンの構成ファイルを保存するためのフォルダ
Hyper-Vの初期設定では、以下のフォルダとなっています。

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V

※「Hyper-Vの設定」へは、以下の手順でアクセス可能です。
1.[管理ツール]から[Hyper-V マネージャ]を開く
2.ツリーから、Hyper-Vがインストールされているサーバのホスト名をクリック
3.メニューの[操作(A)]から、[Hyper-Vの設定(S)]を開く
4.[仮想マシン]をクリックし、画面右側に表示されるフォルダが当該フォルダです

ウイルスバスター コーポレートエディションでのリアルタイム検索除外設定方法については、こちらの製品Q&Aをご覧ください。

Trend Micro ビジネスセキュリティでのリアルタイム検索除外設定方法については、こちらの製品Q&Aをご覧ください。

ServerProtect でのリアルタイム検索除外設定方法については、こちらの製品Q&Aをご覧ください。

また本件についてMicroSoft社よりこちらのWebページが公開されておりますので
合わせてご参照ください。

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報