印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

メール処理のポリシー設定について

Solution ID
1303430
対象製品 
Trend Micro Hosted Email Security (旧IMHS) - All; 
対象OS 
N/A - N/A 
公開日 
2009/02/11 5:22 午前 
最終更新日 
2016/09/08 2:19 午後 

Trend Micro Hosted Email Security(以下、HES) のメール処理で、初期設定では削除処理されるものがあると聞きました。その処理ルール及びポリシーに関した注意事項があれば教えてください。


<1. 初期設定では「削除」となるメール処理のポリシー>
HESのメール処理に対するポリシーの初期設定で、ルールにマッチすると「削除」となる項目は以下の通りです。セキュリティ的に厳しい処理が設定されていますので、HESの運用開始前に適切なポリシーに設定を変更してください。

ルールの内容

備考

ウイルス対策(Virus) ウイルス発見時
危険度の高い添付ファイルのついたメール
(High-risk Attachment)
実行可能ファイルやAudio形式など、特定の形式のファイルが添付されていた場合
50を超える受信者、または10MB以上の
メール(msg size or # of recipients)
-
スパムメールまたはフィッシング
と判断されたメール(Spam or Phish)
ベースラインの検出率が「中低」の場合

ルールの変更方法については、HESの管理コンソールにログイン後、[受信/送信保護設定]>[ポリシー]の順に進み、ルール項目内の該当のルールをクリックします。

ルールを変更する場合: ご希望の処理方法へ設定を変更後、[送信]をクリックします。
ルールを停止する場合: 「ステータス」項目のアイコンをクリックします。
                                        (変更反映後は、「×」に変わります。)




<2. ポリシールールが適用される順序>
設定したそれぞれのアクションに応じて適用順序が自動的に変更されます。 適用順序は、「インターセプト」→「変更」→「監視」の順にソートされます。

-インターセプト…削除/隔離/他のユーザへの転送
-変更…駆除/添付ファイル削除/件名にタグ
-監視…通知/他のユーザへBCCを送付

設定を変更される場合には、HESの管理コンソールにログイン後、[受信/送信保護設定]>[ポリシー]の順に進みます。該当のルールを選択(クリック)後、[処理]をクリックします。設定を変更した後、[送信]をクリックします。(ご利用の環境によっては、画面をスクロールさせる必要があります。)




<3. 除外ポリシーの設定>
承認済み送信者の指定を行うことで除外設定を行います。
※特定のメールアカウントもしくはドメインからのメールをスパムメール検索から除外したい場合、事前に承認済み送信者を登録することをお勧めいたします。



承認済み送信者の指定方法は、HESの管理コンソールにログイン後、[受信保護設定]>[承認済み送信者]の順に進み、[追加]をクリックして入力します。

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報