印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

リアルタイム検索を実行するための設定と操作方法

Solution ID
1302537
対象製品 
ServerProtect for Linux - 3.0; 
対象OS 
Linux - すべて 
公開日 
2009/02/11 4:59 午前 
最終更新日 
2012/03/30 7:13 午後 

ServerProtect for Linuxをインストールしただけでは、リアルタイム検索を実行できません。リアルタイム検索を実行するには、どのような操作、設定を行えばよいでしょうか。

■リアルタイム検索を実行するには
ServerProtect for Linuxでリアルタイム検索を実行するには、以下の2つの操作を行う必要があります。

 1) お使いのLinuxカーネルに適したカーネルフックモジュール(以下.KHM)をインストール(適用)する。
 2) その後さらに、ServerProtect for Linuxの管理コンソールから「リアルタイム検索」の設定を有効へ設定変更する。


■Linuxバージョンに適したKHMをインストール(適用)するには

1) お使いのLinuxカーネルがクイックスタートガイドの13ページに記載のある ディストリビューションおよびカーネルかどうか確認します.

≪記載がある場合≫
ServerProtect for Linuxセットアッププログラムにより、ServerProtect パッケージに付属する適切なKHMが自動的にインストールされます。
 
※ ただし、MIRACLE LINUX / Asianuxの場合ではService Pack 1の適用によって初めてKHMがインストールされます。また、クイックスタートガイドに記載されている ”splxmod-2.6.9-11.34.28AXsmp i686” は記述の誤りであり、実際にはこのようなカーネルが存在しません。

≪記載がない場合≫
適切なKHMを手動でインストールする必要がありますので、ご利用システムに対応したKHMがTrendmicroのWebページに公開されているかどうかを確認します。公開されていた場合は、KHMをダウンロードし、ダウンロードページにリンクされたReadme、あるいはクイックスタートガイドの37ページ記載された手順でインストールします。
公開されていない場合は、2)へ進んでください。


2) KHMが公開されていない場合は、以下のどちらかの方法でKHMを入手、または作成できます。

[方法A]
クイックスタートガイドの13ページに記載のあるディストリビューションであれば、サポートセンターへお問い合わせください。
お使いのLinuxカーネルに適したKHMを作成いたします。
 KHMの入手完了後、クイックスタートガイドの37ページに記載された手順でKHMをインストール(適用)します。 

[方法B]
お使いのディストりビューション、またはカーネル用のKHMがない場合、ServerProtect for Linux 3.0 では、KHMを自分で作成できます。
クイックスタートガイドの59ページに記載された手順でKHMを構築し、インストールします。

※注意:[方法B]の方法で作成したKHMを使用する場合は、サポート対象外となります。何卒ご了承ください。

※カーネルフックモジュールのソースコードについて
ソースコードの著作権等の一切の権利は、トレンドマイクロ株式会社に帰属します。
お客様は、ソースコードに関して、複製、改変、再配布、再販売および再許諾等の行為をすることができます。

但し、ソースコードを修正、改変をしたプログラムを再配布、再販売および再許諾を行う場合は、 そのプログラムのソースコードを必ず公開しなければなりません。

また、ソースコードまたはソースコードを修正、改変をしたプログラムを再配布、再販売および再許諾を行う場合は、 ソースコードに関して下記の表示をしなければなりません。
© 2002-2008 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

以上のいずれかの方法でKHMをインストールした後、次項へお進みください。


ServerProtect Webコンソールで設定するには
1) ServerProtect Webコンソールを起動し、ログオンします。
 初期設定では、以下のいずれかのURLでWebコンソールへアクセスできます。
 http://<ServerProtectのIPまたはホスト名>:14942
 https://<ServerProtectのIPまたはホスト名>:14943

2) 左側のメニューから[Scan Option] – [Real-time Scan]をクリックします。

3) 「Enable Real-time scan」のチェックボックスにチェックを入れます。

4) 「Save」ボタンをクリックします。


操作は以上で終了です。

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報