印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

ServerProtect for Linuxを2.5から3.0へアップグレードする手順

Solution ID
1302531
対象製品 
ServerProtect for Linux - 3.0; 
対象OS 
Linux - すべて 
公開日 
2009/02/11 4:59 午前 
最終更新日 
2012/02/22 2:06 午前 

ServerProtect for Linuxは、バージョンによって対応ディストリビューションがそれぞれ異なりますが、Red Hat Enterprise Linux 4環境のみ、2.5から3.0へのアップグレードをサポートしています。
ここでは、アップグレードの手順について解説します。

アップグレード対象ディストリビューション:
Red Hat Enterprise Linux (AS/ES/WS) 4 (32ビット環境のみ)

※ ServerProtect for Linux 2.5では、64ビット環境をサポートしておりません。
※ 上記以外のOSに関しては、バージョン 2.5をアンインストールしてからバージョン3.0を新規インストールする必要があります。

アップグレード前の注意事項:

バージョン3.0へのアップグレード時にリアルタイム検索が自動的に有効となるカーネルは以下バージョンのみです。
・2.6.9-22.EL (up / smp / hugemem)
・2.6.9-55.EL (up / smp / hugemem)
上記以外のカーネルをご使用の場合、バージョン2.5用のカーネルフックモジュール(KHM)が適用済みであっても新たに3.0用のKHMを入手する必要があります。
KHM : ServerProtect for Linux Version 3.0


上記のリンクにお使いのカーネルに適合したKHMが見当たらない場合、サポートセンターへKHMの作成を依頼して頂くか、KHMをコンパイルして作成する必要があります。
サポートセンターへKHMの作成を依頼される場合、以下の情報が必要です。
■お客様情報
 貴社名:
 ご担当者名:

■ご利用環境情報
 対応を希望されるディストリビューション(cat /etc/redhat-releaseコマンドの出力結果):
 カーネルバージョン(uname –aコマンドの出力結果):
 ServerProtect for Linux バージョン:3.0
 ご使用のCPU (例:Intel or AMD):
 対象となるサーバに接続するクライアントPC数:
 現時点での導入の有無:バージョン 2.5からのアップグレード

上記の情報を、下記リンクのフォームから送信してください。
サポートセンター受付フォーム


KHMをコンパイルする方法については、クイックスタートガイドP.57~をご確認ください。
注意:
お客様自身でコンパイルされたKHMはサポート対象外となります。


アップグレード方法:

1. 最新版ダウンロードページから、ServerProtect for Linux 3.0 モジュールをダウンロードします。
最新版ダウンロード:ServerProtect for Linux


2. ServerProtect for Linux 2.5がインストールされているコンピュータへrootでログインし、ダウンロードしたモジュール(splx30_lin.tar.gz)を適当なディレクトリへ展開します。
# tar zxvf ./splx30_lin.tar.gz

Document/
Document/SPLX30_AG.pdf
Document/SPLX30_GSG.pdf
license_euc.txt
license_sjis.txt
license_utf8.txt
Program/
Program/SProtectLinux-3.0.bin
Program/readme_splx3_sjis.txt
Program/readme_splx3_euc.txt
Program/readme_splx3_utf8.txt
ServicePack/
ServicePack/splx_30_lx_en_sp1.bin
ServicePack/readme_splx3_sp1_sjis.txt
ServicePack/readme_splx3_sp1_euc.txt
ServicePack/readme_splx3_sp1_utf8.txt


3. Program/SProtectLinux-3.0.bin を実行します。-sオプションを付けると英語版のライセンス規約表示が省略されます。(日本語のライセンス規約はlicense_*.txtに記載されております。また、インストールオプションの詳細についてはクイックスタートガイド[SPLX30_GSG.pdf]をご確認ください。)
# ./Program/SProtectLinux-3.0.bin –s


4. インストーラがバージョン2.5を検知し、アップグレードするかどうか聞いてきますので、”y”を入力します。
Installing ServerProtect for Linux:
Unpacking...
Warning:
The Activation Code in the configuration file for ServerProtect 2.5 will not be valid for ServerProtect 3.0. After the upgrade, you will need to activate ServerProtect 3.0.

Do you want to continue and upgrade to SPLX 3.0? [yes| no]: y


5. アップグレードが開始されます。
Uninstalling Patch...
Upgrading rpm file...
Preparing... ########################################### [100%]
Shutting down ServerProtect for Linux:
Shutting down splxcore:
Shutting down vsapiapp: [ OK ]
Unloading splx kernel module: [ OK ]
Shutting down entity: [ OK ]
ServerProtect for Linux core stopped normally.
[ OK ]
Shutting down splxhttpd:
Shutting down splxhttpd: [ OK ]
ServerProtect for Linux httpd stopped normally.
[ OK ]
ServerProtect for Linux stopped normally.
Reloading cron daemon configuration: [ OK ]
1:SProtectLinux ########################################### [100%]

Detected configuration file of previous version.
SPLX 3.0 will now upgrade the configuration file.

A copy of the original [tmsplx.xml] and [tmsplx.xml.template]
will be renamed as [tmsplx.xml.rpmsave] and
[tmsplx.xml.template.rpmsave] respectively.


6. ServerProtectがTrend Micro Control Manager (以下、Control Manger)に登録されている場合、下記のようなメッセージが表示され、Control Managerの登録情報が引き継がれます。
Previous Control Manager configuration file detected.
SPLX 3.0 will apply the settings from the previous Control Manager configuration file.


Control Managerに登録されていない場合、下記のようなメッセージが表示されますが、登録する必要が無いようであれば”n”を入力します。
Do you wish to connect this SPLX server to Trend Micro Control Manager? (y/n) [y]


ここで”y”を入力した場合の操作については、下記の製品Q&Aをご確認ください。
コマンドラインでServerProtect for Linux 3.0をTrend Micro Control Managerへ登録する方法


7. 下記のようなメッセージが表示されたら、ServerProtect for Linux 3.0用のアクティベーションコードを入力します。
Activate ServerProtect to continue scanning and security updates.
Activation is a two-step process that you can complete during or after installation.

Step 1. Register
Use the Registration Key that came with your product to register online
(https://olr.trendmicro.com/redirect/product_register.aspx).
(Please skip this step if the product is already registered.)

Step 2. Activate
Type the Activation Code received after registration to activate ServerProtect.
(Press [Ctrl+D] to abort activation.)

Activation Code:


※ アクティベーションコードが不明な場合、下記フォームからお問い合わせください。
 シリアル番号/アクティベーションコード確認フォーム

8. 下記のようなメッセージが表示されますので、ウイルストラッキングセンターへ情報を送信してもよい場合は”y”を、情報を送信したくない場合は”n”を入力します。
(メッセージの日本語訳は、クイックスタートガイドP.27をご確認下さい。)

Trend Micro consolidates virus-scanning results from worldwide customers,
compiles real-time statistics, and displays them on the Virus Map
(http://www.trendmicro.com/map). Use this map to view virus trends for
each continent and selected countries.

Yes, I would like to join the World Virus Tracking Program.
I understand that when a virus is detected on my system, aggregated
detection information, including virus names and number of detections,
will be sent to the World Virus Tracking Program. It will not send out
company names, individual names, machine names, site names, IP addresses,
or any other identifying information. I understand that I can disable
this automatic reporting function at any time by changing the
configuration to "No" within the product's management console.

No, I don't want to participate.


Please input your choice [Yes] :


9. splxサービスが起動します。
Starting services...
Starting ServerProtect for Linux:
Checking configuration file: [ OK ]
Starting splxcore:
Starting Entity: [ OK ]


10. バージョン3.0に対応したKHMが用意されていない場合、下記のようなメッセージが表示されます。
リアルタイム検索を有効にするためには、バージョン3.0用のKHMを用意する必要があります。詳しくはこのページの冒頭にある、アップグレード前の注意事項:をご確認ください。
Loading splx kernel module: [Not available]

Error: Kernel Hook Module (KHM) for this Linux kernel version is not
available. Check if the KHM for your Linux kernel version is released
on the Trend Micro website at "http://www.trendmicro.com/en/products/
file-server/sp-linux/use/kernel.htm".Or,follow the instructions in the
INSTALL file in "/opt/TrendMicro/SProtectLinux/SPLX.module/src/module"
to build the KHM for your Linux kernel version.


11. 以下のメッセージが出力され、アップグレードが完了します。
ServerProtect for Linux installation completed.


12. アップグレードが完了したら、Service Pack 1を適用します。
# ServicePack/splx_30_lx_en_sp1.bin

Installing ServerProtect for Linux 3.0 Service Pack 1:
Unpacking...
Installing rpm file...
Preparing.. ########################################### [100%]
1:splx-3.0-sp1 ########################################### [100%]
Shutting down ServerProtect for Linux:
Shutting down splxcore:
Shutting down vsapiapp: [ OK ]
Unloading splx kernel module: [ OK ]
Shutting down entity: [ OK ]
ServerProtect for Linux core stopped normally.
[ OK ]
Shutting down splxhttpd:
Shutting down splxhttpd: [ OK ]
ServerProtect for Linux httpd stopped normally.
[ OK ]
ServerProtect for Linux stopped normally.
Starting ServerProtect for Linux:
Checking configuration file: [ OK ]
Starting splxcore:
Starting Entity: [ OK ]
Loading splx kernel module: [ OK ]
Starting vsapiapp: [ OK ]
ServerProtect for Linux core started.
[ OK ]
Starting splxhttpd:
Starting splxhttpd: [ OK ]
ServerProtect for Linux httpd started.
[ OK ]
ServerProtect for Linux started.

ServerProtect for Linux 3.0 Service Pack 1 installation completed.

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報