印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

ServerProtect for Linux 2.5 をインストール後にTrend Micro Control Managerへ登録する方法について

Solution ID
1300191
対象製品 
ServerProtect for Linux - 2.5; 
対象OS 
Linux - すべて 
公開日 
2009/02/11 3:33 午前 
最終更新日 
2012/02/19 5:47 午前 

ServerProtect for Linux 2.5 をインストールした後に、Trend Micro Control Manager (以下、Control Manager)サーバへ登録する方法を教えてください

Control Manager への登録は、CMconfig ツールを使用します。

このツールを使用して、Control Manager からの登録解除や、他のControl Manager サーバへの移行を行う事も可能です。

初期設定では、下記のディレクトリにCMconfigツールがあります。

/opt/TrendMicro/SProtectLinux/SPLX.util/

注意:ServerProtect for Linux 2.5 は、バージョン3.5以上の Control Manager サーバへ登録可能です。バージョン 3.0以下の Control Manager へは登録できません。

CMconfigツールを使用した登録手順

1. CMconfigツールを実行します。(オプションの指定はありません)
# /opt/TrendMicro/SProtectLinux/SPLX.util/CMconfig

2. “Do you wish to connect this SPLX server to Trend Micro Control Manager? (y/n) [y]”の問いに”y”を入力します。(単に[Enter]を押しても”y”を入力したとみなされます)

3. 下記のようなメッセージが表示されます。

# ./CMconfig

Do you wish to connect this SPLX server to Trend Micro Control Manager? (y/n) [y] y

SPLX will now collect information in order to complete the Control Manager settings.

Please follow the instructions and enter the required information.

******NETWORK******

===========================================================

List of available IP(s):

eth0 ***.***.***.***

===========================================================

IP of SPLX machine:

4. ServerProtect がインストールされているコンピュータのIPアドレス一覧が表示されますので、Control Manager と通信可能なIPアドレスを指定します。(IPが1つのみの場合でも、表示されたIPアドレスを入力してください)

5. “Control Manager server IP:”と表示されますので、Control Manager サーバのIPアドレスを入力します。

6. “Control Manager server port [80]:”と表示されますので、Control Manager サーバのHTTPポートを入力します。(単に[Enter]を押すと、80番ポートが指定されます。)

7. 次に、“Do you access Control Manager through a proxy server? (y/n) [n]”の質問が出ます。ServerProtect とControl Manager 間にプロキシサーバが存在する場合は”y”を、プロキシを介さずにControl Manager と通信可能な場合は”n”を入力します。(“y”を選択した場合、プロキシサーバのIPアドレス、ポート番号および認証が必要な場合はユーザ名とパスワードを要求されますので、適切な値を入力してください)

8. 下記のようなメッセージが表示されます。

*******PRODUCT******

Please specify the name you would like to display on the Control Manager console [SPLX Server IP address]:

9. Control Manager の製品ディレクトリ上に表示されるエンティティ名を入力します。(単に[Enter]を押すと、手順4で入力したIPアドレスがエンティティ名になります。)

10. “Please specify a folder name for this product (for example: /SPLX) [New entity]:”と表示されますので、ServerProtect のエンティティを登録するControl Manager の製品ディレクトリ上のフォルダ名を入力します。(単に[Enter]を押すと、「新規エンティティ」フォルダに登録されます。)

11. 下記のようなメッセージが表示されます。

**************************************************

Control Manager network/product information entered

Control Manager IP: ***.***.***.***

Control Manager port: 80

Display Name on Control Manager: SPLX2.5

Installation folder:

**************************************************

Is the above information correct? (y/n) [n]

12. 入力した情報に間違いが無ければ”y”を入力します。

13. 下記のようなメッセージが表示され、自動的にサービス再起動された後にControl Manager へ登録されます。

Prepare write the information to config file....done.

Now restart service to log on Control Manager

Control Manager へ登録されている状態でCMconfigを実行すると、Control Manager への登録が解除できます。

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報