印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

ServerProtect for Linuxが送信する SNMP トラップ ID について

Solution ID
1300064
対象製品 
ServerProtect for Linux - 3.0; 
対象OS 
Linux - すべて 
公開日 
2009/02/11 3:31 午前 
最終更新日 
2016/03/17 11:47 午前 

この文書では、ServerProtect for Linuxの各イベントの SNMP トラップ ID について説明をしています。

ServerProtect for Linuxの各イベントに対応したトラップ ID は以下となります。

MIBを利用する場合

ServerProtect for Linux 3.0 Patch6 以降
イベント

OID

Trap ID

Please check the trap message to know the detail of the event.

1.3.6.1.4.1.6101.135

0

SPLX has found a virus, please check the trap message to know the detail information.

1.3.6.1.4.1.6101.135

1

ご注意!!

SPLX update unsuccessful, please check the trap message to know the detail information.

1.3.6.1.4.1.6101.135

2

VIRUS OUTBREAK ALERT, Please check the trap message to know the detail information.

1.3.6.1.4.1.6101.135

26



ServerProtect for Linux 3.0 Patch5 以前
イベント

OID

Trap ID

Please check the trap message to know the detail of the event.

1.3.6.1.4.1.6101.141

0

SPLX has found a virus, please check the trap message to know the detail information.

1.3.6.1.4.1.6101.141

1


ご注意!!
VIRUS OUTBREAK ALERT, Please check the trap message to know the detail information.

1.3.6.1.4.1.6101.141

26

 

手動・予約検索 によるウイルス検知時のspecific-trapは0になります。
また、手動・予約検索でウイルス検知した場合にSNMPトラップを送信するためには、Service Pack 1 Patch 1 (Build 1252) 以上のビルドかつ、「tmsplx.xml」ファイルの「AlertInfectionFoundByMS」キーが"1"(有効)に設定されている必要があります。

MIBを利用しない場合

ServerProtect for Linux 3.0

Alert Settingsの種類

OID

specific-trap ID

generic-trap ID

Value

Send security risk outbreak notification

1.3.6.1.4.1.6101.141

26

6

A security risk outbreak was detected

Send standard security risk infection notification

1.3.6.1.4.1.6101.141

1

ご注意!!

6

"Virus found!"
Action: 処理結果.
検出名 found in file: 検出パス
Security risk infection(s) detected

Send notification when Real-time Scan configuration was modified

1.3.6.1.4.1.6101.141

0

6

The real-time scan configuration was modified

Send notification when ServerProtect starts

1.3.6.1.4.1.6101.141

0

6

ServerProtect was started

Send notification when ServerProtect stops

1.3.6.1.4.1.6101.141

0

6

ServerProtect was stopped

Send notification when pattern files are outdated

1.3.6.1.4.1.6101.141

0

6

Pattern file is outdated
パターンファイルの種類 was last updated on 日付

Send notification when pattern update unsuccessful

1.3.6.1.4.1.6101.141

0

6

Pattern update unsuccessful

Send notification when action performed on malware unsuccessful

1.3.6.1.4.1.6101.141

1

ご注意!!

6

Virus found!
Action: 処理結果
検出名 found in file: 検出パス
Action Performed on malware unsuccessful

手動・予約検索 によるウイルス検知時のspecific-trapは0になります。
また、手動・予約検索でウイルス検知した場合にSNMPトラップを送信するためには、Service Pack 1 Patch 1 (Build 1252) 以上のビルドかつ、「tmsplx.xml」ファイルの「AlertInfectionFoundByMS」キーが"1"(有効)に設定されている必要があります。


表内のトラップIDが重複しているため、トラップIDのみでのイベントの識別を行う事はできません。
トラップによって送信されるメッセージからイベント内容を識別可能です。

Alert Settingsの種類の欄に記載しているのは、管理コンソール上のメニューの内容ですので、
実際にSNMPのディスクリプションに表示される内容ではありません。

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報