印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

ウイルスバスターCorp.クライアントをサーバプラットフォームにインストールした場合の初期設定について

Solution ID
1121739
対象製品 
ウイルスバスター コーポレートエディション - 11, XG; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2018/12/10 6:45 午後 
最終更新日 
2018/12/11 10:13 午前 

ウイルスバスターCorp.クライアントを、デスクトップOSにインストールした場合とサーバOSにインストールした場合で、初期設定に違いはありますか?

サーバプラットフォーム上では下記の機能が初期設定で無効になっています。

  • Webレピュテーション
  • 不正変更防止サービス
  • ファイアウォールサービス
  • 不審接続監視サービス
  • 情報漏えい対策オプションサービス
  • 高度な保護サービス
これらの機能はシステムリソースの負荷となる場合があり、特に、システム負荷の高いアプリケーションを実行するサーバでは、システムリソースに重い負荷がかかる可能性があるため、サーバプラットフォームでは初期設定で無効になっています。
機能を有効にする場合は、システムのパフォーマンスを継続的に監視し、必要に応じてハードウェアスペックの強化を検討してください。

サーバプラットフォーム上で上記の機能を有効にしたい場合は、ウイルスバスターCorp.クライアントをインストールした後に、各設定の「Windows Serverプラットフォーム」のオプションを有効にしてください。

例) サーバOS上で不正変更防止サービスを有効にしたい場合、以下の設定を有効にします。

[クライアント] > [クライアント管理] > ※クライアントツリー上で対象クライアントまたはドメイングループを選択 > [設定] > [追加サービス設定] > 「不正変更防止サービス」 > 「Windows Serverプラットフォーム」

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報