印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

ランサムウェア対策に効果的なウイルスバスター Corp.の設定

Solution ID
1111420
対象製品 
ウイルスバスター コーポレートエディション - 11.0, 10.6, XG; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2015/06/18 5:41 午後 
最終更新日 
2017/01/30 7:03 午後 

最近、中小企業顧客中心に企業でもランサムウェア感染の報告が上がってきているようです。 ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスターCorp.)で対策するための効果的な設定はありますか。

ランサムウェアはパソコン内に侵入してファイルやシステムの一部もしくはすべてを使用不能にし、その復旧と引き換えに金銭を要求する不正プログラムのことです。これまでは一般ユーザでの感染が多く報告されていましたが、企業でも感染報告が上がるようになってきています。

ランサムウェアの概要や動作についての情報は下記セキュリティ情報ページでご確認ください。

ウイルスバスターCorp.をご使用の環境においても、下記設定を実施し対策を強化することをお勧めします。

設定をする前に

ランサムウェアへの対応で一番重要なのが脆弱性への対応です。

2015年6月現在、アドビ社製品の脆弱性(APSB15-11)もすでにランサムウェアの感染に利用されるケースが確認されています。そのため、セキュリティ製品での設定、対応のみならず、OSやブラウザ、アプリケーションを最新版にアップデートし、脆弱性への対応を実施することによる感染経路減少対策をお勧めします。

参考:セキュリティブログ





スマートスキャンの利用

検索方式をスマートスキャンに変更することで、従来型検索と比較しパターンの更新頻度が早く迅速に新しいランサムウェアを含むウイルスに対応することができます。新しいランサムウェアに対抗するためにも、検索方式をスマートスキャンに設定しての運用をご検討ください。
切り替え方法、およびスマートスキャンのメリットについては下記ページをご確認ください。




Webレピュテーションによるサイトの危険性判断

多くの脅威の入り口、経路がWeb経由となっており、ランサムウェアでも例外ではありません。 そのため、危険なWebサイトへのWebアクセスを防止することで侵入を防ぐことができます。 不正プログラムがさらに他の不正プログラムをダウンロードするケースのように、ブラウザを利用しないWebアクセスでもブロックすることができます。


Webレピュテーションの設定は下記ページをご確認ください。

 

ファイルの普及度を基にした実行制御

実行ファイルをHTTP/メール経由でダウンロード後に実行する際に、ファイルの普及度を当社のテクノロジーであるSmart Protection Netoworkへ確認し、普及していない場合にユーザに警告メッセージを表示する機能を設定することができます。未知のランサムウェアなどに対する防御力を向上させることができます。

本警告が表示された場合には、自分で作成したプログラムなど出所が信頼できるものでない限り実行しないようユーザに周知いただくことを合わせてお勧めいたします。



ファイルの普及度に応じて、プログラムの実行を警告する機能の設定については、下記ページをご確認ください。



挙動監視ポリシーのアップデートと設定による対応(バージョン11.0 以降のみ)

ランサムウェアには特徴的な動作を行うものがあります。挙動監視機能によりランサムウェア特有の動作を抑制することができる場合があります。
ウイルスバスターCorp.11.0では、「挙動監視検出パターンファイル」:1.455.00(32bit)/1.455.64(64bit)以降、および「ポリシー施行パターン」:1.228.00以降で、ランサムウェアのイベントに関する挙動監視ポリシーを追加しました。

挙動監視、およびイベント監視を有効にし、下記3つの設定を監視対象にしていただくことで抑制を行うことができます。


  • ランサムウェア:無効なホストプロセス
  • ランサムウェア:関連付けらているプロセス
  • ランサムウェア:Windowsホストプロセス



挙動監視設定内のイベント監視設定画面

ウイルスバスター Corp. 11.0 において当該設定を有効にしていた場合におきましても、ウイルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1 を適用した場合、当該設定は引き継がれません。


Service Pack 1 適用後に下記設定を有効にしてください。
    • 既知の脅威と潜在的な脅威に対する不正プログラム挙動ブロックを有効にする
    • ランサムウェアに関連付けられることの多いプロセスをブロック


設定方法の詳細に関しましては、以下FAQ内、 「ランサムウェアに関連付けられていることの多いプロセスをブロック」の項目をご参照下さい。


挙動監視機能の設定詳細については、下記ページをご確認ください。

  • 挙動監視機能は、プログラムの挙動を監視するため、社内で利用されている業務アプリケーションの挙動によっては、不審な変更と判断してブロックしてしまう場合があります。事前に一部エンドポイントにおいて、処理を「診断」や「必要に応じて問合わせ」等に設定し、テストを実施した上で、機能を有効にして頂くことを推奨します。また、業務で利用するアプリケーションは「除外リスト」に登録することにより、パフォーマンスの向上にも繋がります。

  • Trend Micro Control Managerからパターンファイルを取得している場合、ウイルスバスター Corp.10.xをご使用の環境でも本設定項目が表示される場合があります。しかし、機能として有効となるのは11.0以降となり、10.xの環境では本機能は無効のままとなります。本機能を使用したい場合は、11.0以降へバージョンアップをお願いします。


ウイルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1 以降で利用可能なランサムウェア対策

ウイルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1 以降ではランサムウェアへの対策として、新機能が実装されました。

詳細に関しましては、以下FAQをご参照下さい。



このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報