印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

[最大TCP 接続数] と[最大UDP接続数]について

Solution ID
1103740
対象製品 
Deep Security - 9.5, Deep Security - 9.6, Deep Security - 10.0, Deep Security - 11.0, Deep Security - 12.0;Deep Security as a Service - All; 
対象OS 
Linux - すべて, Solaris - すべて, UNIX - すべて, Virtual Appliance - すべて, Windows - すべて 
公開日 
2014/09/17 6:08 午後 
最終更新日 
2019/08/29 11:25 午前 

ネットワークエンジンの[最大TCP 接続数]と[最大UDP接続数]の注意点と良くある質問について

最大TCP接続数と最大UDP接続数について

Deep Security Agent は、最大TCP接続数または最大UDP接続数を上回る通信が実施された場合、
その通信をブロックします。
 
本機能は、保護対象マシンに対するネットワークからの過負荷を防ぐための機能となります。

注意点について

[最大TCP接続数] と[最大UDP接続数]の初期設定の値は、バージョンによって異なります。
   9.5 : 1,000
   9.6 : 1,000
 10.0 : 1,000
 11.0 : 1,000,000
 12.0 : 1,000,000

そのため、環境毎に必要に応じて値を変更してください。変更手順は以下の通りです。

変更手順

  1. Deep Security Manager にログインし、[コンピュータ]で対象のDeep Security Agent を選択、詳細を開きます。
  2. 詳細画面で、[設定]ページを開きます。
  3. [詳細]タブに移動し、[ネットワークエンジンの詳細設定]セクションに移動します。
    ※[継承]にチェックがされている場合、チェックを外します。

  4. [最大TCP接続数] の項目で、設定したい値を選択し、[保存]をクリックします。

良くある質問について

Q. 接続数の定義はどうなっていますか?

A. 接続数は同時接続数となります。

Q. 接続のカウント方式はどうなっていますか?

A. カウント方式はセッション開始から終了までが1通信となります。

Q. 「最大TCP接続数][最大UDP接続数」の値を増やす事で、Deep Security Agentに影響するリスクはありますか?

A. [最大TCP 接続数][最大UDP接続数]の値を増やすことで、
接続数の上限を超えて破棄されていた通信をDSAが処理するようになります。
その結果、DSAがインストールされているマシンのメモリ使用量が増加します。

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報