印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

リターンコード(エラーコード) 87 について

Solution ID
1096295
対象製品 
ServerProtect Ver5 - 5.8; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2013/02/05 10:13 午前 
最終更新日 
2015/10/23 5:21 午後 

ServerProtect for Windows 5.8 で、リターンコード87のエラーが発生しています。
この原因と対処法について教えてください。

リターンコード87は、多くの場合インフォメーションサーバと一般サーバの暗号化鍵の不一致によって発生します。

ServerProtect
ではバージョン5.8から導入された暗号化通信の仕組みにより、RPC通信の安全性を確保するため、インフォメーションサーバと一般サーバの通信において、内部的に暗号化キーを用いて通信しています。

暗号化通信における「鍵の不一致」によって該当エラーが発生する場合、以下の手順で鍵交換の再実行を実施する事によって解決できる可能性があります。


------------------------------------------------------------
鍵交換の再実行
------------------------------------------------------------

(1)管理コンソールのツリー上に、対象となる一般サーバがツリーが表示されていることを確認します。(サービスが起動しているにもかかわらず「STOP」アイコンになっていることがありますが、通信の不調によるものです。)

(2)一般サーバのサービス"Trend ServerProtect"を再起動させます。複数台で同様の現象が発生している場合は、1台ずつ時間をおいて行ってください。

(3)数分お待ちください。一般サーバが再起動したことをインフォメーションサーバに伝えるために少々時間がかかる場合があります。

(4)そのほかにも配信不調が発生している一般サーバがあれば一般サーバのサービスを再起動してください。

(5)5分ほどお待ちいただいてから、インフォメーションサーバのサービス"Trend ServerProtect Agent"を再起動させてください。

※一般サーバとインフォメーションサーバのサービスを再起動するタイミングが同じにならないようにしてください。
同時に再起動した場合、正常に鍵交換できない可能性があります。

(6)手順(3)と同様に、数分お待ちください。インフォメーションサーバが再起動し、通信の暗号化のために新しい鍵を作成し、各一般サーバと共有を開始します。

(7)1台ずつパターンファイルなどの配信をお試しください。特に問題がなければ、以後は通常通りの配信を行っていただいてかまいません。

(8)もし以上の手順でも回復しないようであれば、問題が発生している一般サーバのサービスをもう1回再起動させてください。

 

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報