印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

ServerProtect が使用するポート番号

Solution ID
1096278
対象製品 
ServerProtect for EMC Celerra - 5.8;ServerProtect for NetAPP - 5.8;ServerProtect for Storage - 6.0;ServerProtect Ver5 - 5.8; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2013/02/04 2:45 午後 
最終更新日 
2016/02/05 10:31 午前 

 ServerProtect が使用するポート番号について説明します。

ServerProtect で使用可能な通信方式には次の 2 種類があります。
それぞれ通信可能な方式を自動選択しますので、新規インストール前のファイアウォールの設定時などにはファイアウォール側の記録を参考にしながら適宜設定してください。

詳細すべて確認

■TCP/IP を使用して通信を行う場合

ServerProtect の初期設定では、一般サーバとインフォメーションサーバ間の通信に RPC(TCP/IP)を使用しています。

管理コンソール、インフォメーションサーバ、一般サーバ間で使用しているポート番号は次のとおりです。
※こちらの通信方式のみで使用するポートを黄色でハイライトしています。

待ち受けアプリケーションプロトコルポート番号補足情報
管理コンソール TCP 1000 インフォメーションサーバからのイベントメッセージの受信に使用します。他のアプリケーションに使用されている場合は 1001~1009 の間で空いているポートを自動的に利用します。
インフォメーションサーバ

TCP / UDP 3000 管理コンソールからのブロードキャストの受信に使用します。他のアプリケーションに使用されている場合は 3001~3009 の間で空いているポートを自動的に利用します。
また、一般サーバをローカルインストールする際、インフォメーションサーバを検索する画面が表示されるタイミングでもUDP 3000(利用されている場合は 3001~3009)を使用し、ブロードキャストで送信します。
TCP 5005

管理コンソールとの通信および、一般サーバ単体をローカルインストールする際、登録先インフォメーションサーバの情報確認用に使用します。
他のアプリケーションに使用されている場合は 5006~5014 の間で空いているポートを自動的に利用します。

TCP 3628 Windows 用一般サーバとの通信に使用します。
TCP 10319
TMI Control Manager エージェント(Patch 4 以前)を使用する場合にのみ使用されます。詳しくはこちらをご覧ください。
※Patch 5 以後はMCPエージェントを使用します。
TCP 139 一般サーバとの RPC 通信(※1)や Patch の配信に使用します。
TCP 445 一般サーバとの RPC 通信(※1)や Patch の配信に使用します。
UDP 137,138 一般サーバとの RPC 通信(※1)や Patch の配信に使用します。
一般サーバ TCP 5168
5169
インフォメーションサーバとの通信に使用します。
TCP 139 インフォメーションサーバとの RPC 通信(※2)や Patch の配信に使用します。
TCP 445 インフォメーションサーバとの RPC 通信(※2)や Patch の配信に使用します。
UDP 137, 138 インフォメーションサーバとの RPC 通信(※2)や Patch の配信に使用します。

※1:
特に、一般サーバをリモートインストールする場合(管理コンソール上で「SPNT の新規インストール」を実行した場合)、コピー元の一般サーバと新規インストールするサーバの間で使用されます。(リモートインストールを行う場合、コピー元とコピー先のサーバのプラットフォーム(32bit/64bit)は同じである必要があります。)
また、ServerProtect を運用する際に必要なプロトコルとなる、「ファイルとプリンタの共有」にも利用されるポートです。

※2:
Microsoft Windows においてファイル/プリンタ共有サービス、および RPC 通信に使用しているポートです。ファイルの転送や、一般サーバの移動などに利用される"Remote Registry"サービスを使用するためにも必要になります。

■名前付きパイプを使用する場合


上表内の黄枠で示されたポートに対する通信が確立できない場合、一般サーバとインフォメーションサーバ間の通信に RPC(名前付きパイプ)を使用します。管理コンソール、インフォメーションサーバ、一般サーバ間で使用しているポート番号は次のとおりです。

待ち受けアプリケーションプロトコルポート番号補足情報
管理コンソール TCP 1000 インフォメーションサーバからのイベントメッセージの受信に使用します。他のアプリケーションに使用されている場合は 1001~1009 の間で空いているポートを自動的に利用します。
インフォメーションサーバ TCP 5005 管理コンソールとの通信および、一般サーバ単体をローカルインストールする際、登録先インフォメーションサーバの情報確認用に使用します。
他のアプリケーションに使用されている場合は 5006~5014 の間で開いているポートを自動的に利用します。
TCP / UDP 3000 管理コンソールからのブロードキャストの受信に使用します。他のアプリケーションに使用されている場合は 3001~3009 の間で空いているポートを自動的に利用します。
UDP 137,138 一般サーバとの通信、およびリモートインストール、Patch の配信に使用されます。
TCP 139 名前付きパイプによる通信、およびリモートインストール(※3)、Patch の配信に使用されます。
TCP 445 名前付きパイプで RPC を実施する場合に使われます。また、リモートインストール(※3)時や Patch の配信にも使用されます。
TCP 10319 TMI Control Manager エージェント(Patch 4 以前)を使用する場合にのみ使用されます。詳しくはこちらをご覧ください。
※Patch 5 以後はMCPエージェントを使用します。
一般サーバ TCP 139 名前付きパイプによる通信、およびリモートインストールに使用されます。(※3)
TCP 445 名前付きパイプで RPC を実施する場合に使用されます。また、リモートインストール時にも使用されます。(※3, ※4)
UDP 137,138 インフォメーションサーバとの通信、およびリモートインストール時に使用されます。(※3)

※3:
一般サーバをリモートインストールする場合(管理コンソール上で「SPNTの新規インストール」を実行した場合)、コピー元の一般サーバと新規インストールするサーバの間で使用されます。リモートインストールを行う場合、コピー元とコピー先のサーバのプラットフォーム(32bit/64bit)は同じである必要があります。

※4:
TCP 445 番ポートは、Microsoft Windows においてファイル/プリンタ共有サービスに使用しているポートです。インフォメーションサーバと一般サーバ間のファイル転送の際に、このポートが使用されます。

上述のポートは全て待受けポートです。送信元ポートはOSの仕様により、1024以上のポートから送信を試みた時点で利用されていないポートがランダムに選択されます。
また、ActiveUpdateサーバもしくはその接続に利用されるプロキシサーバやメール通知用のSNTPサーバ、SNMPマネージャー等、インフォメーションサーバからの接続先となるポートは利用状況や環境によって異なるため、割愛しております。

NetApp ファイラーと ServerProtect for NetApp のスキャンサーバ間で使用されるポートに関しては、関連リンクよりご確認ください。

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報