印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

ウイルスバスタービジネスセキュリティクライアントのサービスを無効にしたい場合の対処方法

Solution ID
1313484
対象製品 
ウイルスバスター ビジネスセキュリティ - 7.0, 9.0, 9.5; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2012/05/04 4:41 午後 
最終更新日 
2017/08/15 10:25 午前 

Windowsの[サービス]画面から、ウイルスバスター ビジネスセキュリティ(以下:ビジネスセキュリティ)クライアントのサービスを停止できません。どうやったら停止できるか教えてください。

ビジネスセキュリティ を利用している場合、クライアントセルフプロテクションという機能により、初期設定ではビジネスセキュリティクライアントのサービスやプロセスを停止できない仕様となっています。

セルフプロテクション機能は悪意のあるプログラムによりビジネスセキュリティクライアントの必要なサービスが終了されたり、変更されたりするのを防ぐ機能で、初期設定では有効となっています。次の操作を行いたい場合に、この機能を一時的に無効にする必要があります。

  • 手動でビジネスセキュリティクライアントのサービスを開始(停止、再起動)したい場合
  • ビジネスセキュリティクライアントのプロセスを停止したい場合
  • 切り分けを行う場合

操作手順

 
セルフプロテクション機能は次の手順で無効にできます。
 
  1. 管理コンソールにログインします。
     

     
     
  2. [セキュリティ設定]タブをクリックし、表示されたセキュリティグループツリーから、セルフプロテクション機能を無効にしたいコンピュータが所属するグループを選択し、[設定]をクリックします。
     
    (画像では「デスクトップ(初期設定)」というグループを選択しています。)
     


  3. 左側ペインより、[クライアント権限]を選択後、右側に表示された画面内の[クライアントのセキュリティ]内のチェックを外し[保存]をクリックします。
     


  4. 設定内容が自動的にクライアント側へ配信されます。次の操作を行うことでもクライアント側へ設定内容が配信されます。
     
      ・クライアントコンピュータ上で、タスクトレイ上のビジネスセキュリティクライアントのアイコンを右クリックし[今すぐアップデート]を実施する。
     


    ※なお、上記に記載した操作を実施後は、セルフプロテクション機能を有効に戻していただくことをお勧めいたします。その際は3の手順で外したチェックを入れて保存してください。

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報