印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

Microsoft Excel (エクセル) 使用時にファイルの保存ができない。または拡張子”tmp”のファイルが作成され削除できない。

Solution ID
1312275
対象製品 
ウイルスバスター ビジネスセキュリティ - 9;ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス - 6.5;ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス(Dell版) - 6.5; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2011/08/02 11:41 午前 
最終更新日 
2018/08/15 11:37 午前 

Microsoft Excel (エクセル)でファイルを上書きする時、一部の環境においてメッセージが表示されて保存できない場合があります。もしくは拡張子”tmp”のファイルが作成され削除できない場合があります。 
 
対処方法について教えてください。

■現象
 
 

  1. Microsoft Office 2007/2010 とTrend Micro ビジネスセキュリティ (以下、ビジネスセキュリティ)、ウイルスバスター ビジネスセキュリティ サービス(Dell版)、ウイルスバスター ビジネスセキュリティ サービス クライアントをご利用の一部の環境において、Microsoft Excel (エクセル)でファイルを上書きする時、メッセージが表示されて保存できない場合があります。
     
  2. 拡張子”tmp”のファイルが作成され削除できない場合があります。

 
 
■原因
 
本現象は、ビジネスセキュリティ側の「検索エンジンの動作による影響」により、一部の環境で発生する場合があります。
 
 
 
■回避策
 
現象が発生しているコンピュータ上で、次の手順を実施します。

  1. ウイルス検索エンジンのアップデート
  2. Microsoft社の修正プログラムの適用
  3. ビジネスセキュリティクライアント側でのファイルマッピングの無効化
  4. Windows Search サービスの無効化

 
 
【1】 ウイルス検索エンジンのアップデート
 
ウイルス検索エンジン 9.205以上 をご利用でない場合、最新版のウイルス検索エンジンにアップデートし、現象に改善がみられるか確認します。下記 Webページをご覧の上で手動適用前に最新のウイルス検索エンジンが適用されているか、確認してください。
 



【2】Microsoft社の修正プログラムの適用
 
Microsoft Office Excel (エクセル) 2007/2010をご利用のお客様で本現象が発生する場合には、下記Microsoft社のKBを参考に、修正プログラムの適用を行うことで現象に改善が見られるか確認します。

 
 
【3】ビジネスセキュリティクライアント側でのファイルマッピングの無効化
 
 

警告

以下の案内の中で、レジストリの操作があります。
レジストリは Windows の構成情報が格納されているデータベースです。
レジストリの編集内容に問題があると、システムが正常に動作をしなくなる場合があります。
弊社ではレジストリの編集による、如何なる問題に対しても補償いたしかねます。
レジストリの編集はお客様の責任で行ってください。

なお、レジストリの編集前に、必ずレジストリのバックアップを作成することを推奨いたします。
バックアップ方法の詳細は、ご使用の Windows のヘルプを参照してください。
  1. ビジネスセキュリティクライアントがインストールされたコンピュータ上で[スタート]をクリックし、クイック検索欄に、「regedit」と入力します。(XPの場合は、[ファイル名を指定して実行]を選択後、「regedit」と入力します。)
     
     
  2. プログラム項目に、「regedit」が表示されたら、右クリックし、[管理者として実行]を選択します。
     

     
     
  3. レジストリエディタの起動後、以下のレジストリキーへ移動します。
     

    <HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\VSApiNt\Parameters>
     
     
  4. Parameters キーを右クリックし、[新規]→[DWORD 値]を選択します。
     

     
     
  5. 右の一覧に作成された「新しい値 #1」を「UseMapping」に名前を変更します。すでに「UseMapping」が存在する場合は、値を「0」にします。
     

     
     
  6. レジストリエディタを終了し、OS を再起動します。OSの起動後、現象に改善が見られるか確認します。

 
 
 
【4】Windows Search サービスの無効化
 

  1. ビジネスセキュリティクライアントがインストールされたコンピュータ上で[スタート]をクリックし、クイック検索欄に、「services.msc」と入力し、実行します。(XPの場合[ファイル名を指定して実行]を開き、「services.msc」を入力、実行します。)
     
     
  2. 一覧から「Windows Search サービス」を確認し、停止あるいはプロパティから[スタートアップの種類]を無効にします。(※一覧に「Windows Search サービス」が存在しない場合は、本作業は必要ありません)
     

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報