印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

Client Packager を使用したクライアントのインストール方法

Solution ID
1308789
対象製品 
ウイルスバスター コーポレートエディション - 10.0, 10.5, 10.6, 11.0, XG; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2009/08/04 7:57 午前 
最終更新日 
2017/01/30 9:30 午後 

クライアントPCがサーバへ接続できない場合や、ネットワークトラフィックの発生を避けたい場合のウイルスバスター コーポレートエディション クライアントをインストールする方法を教えてください。

Client Packager は、クライアントPCがサーバへ接続できない、あるいはネットワーク帯域幅が十分でない場合に使用するインストール方法です。

詳細については下記をご確認ください。
 

Client Packagerの特徴

 
 
  • ウイルスバスター Corp.のセットアップファイルおよび、アップデートファイルを圧縮し、1つの自己解凍ファイルを作成することのできるツールです。
     
    このツールにより、メールまたは、CD-ROM などの記録媒体を使用してインストールパッケージを配布することが簡単にできます。
     
  • 作成したClient Packagerを実行するPCでは、下記環境が必要です。  
     ・Windows Installer 2.0 (MSI パッケージを実行)
     ・ハードディスク空き容量  
      -10.6 環境の場合:350MB 以上  
      -11.0 環境の場合:450MB 以上  
      -XG 環境の場合:800MB 以上
     
  • クライアントパッケージャでのインストール後、[グローバルクライアント設定]の設定は自動で反映されます。
    [クライアント管理] で設定したクライアント個々の内容については、ウイルスバスター Corp.サーバに接続することで反映されます。

実施手順

 
 
    1. ウイルスバスター Corp. サーバがインストールされているコンピュータで、エクスプローラーを開き、下記のファイルをダブルクリックします。

<サーバのインストールフォルダ>\PCCSRV\Admin\Utility\ClientPackager\ClnPack.exe
 
 
※<サーバのインストールフォルダ>は初期設定の場合、下記の通りです。
 
 32bit版のOSの場合: <C:\Program Files\Trend Micro\OfficeScan>
 64bit版のOSの場合: <C:\Program Files (x86)\Trend Micro\OfficeScan\>


 
  
 
 
    1. Client Packager のコンソール(操作画面) が開きます。 
       
       
       
       
    2. [作成するパッケージの種類](Package type)で、「Setup」を選択します。
        

       
        
      Setup:クライアントプログラムをインストールする場合に選択します。
      Update:クライアントコンポーネントをアップデートする場合に選択します。
      MSI:Microsoft Installer Package 形式に準拠するパッケージを作成し、インストールする場合に選択します。
       
       
    3. [対象OS](Windows operation system type)で、パッケージの対象OSを選択します。
        

       
       
       32-bit:32-bit OS対象
       64-bit:64-bit OS対象
       
        
    4. [検索方法](Scan Method)で、次のいずれかを選択します。
       
        
       
       
      ConventionalScan:従来型スキャン
      Smart Scan:スマートスキャン 
      クライアントが属するクライアントツリードメインの検索方法とパッケージの検索方法は、一致している必要があります。
      設定方法については、こちらのページより入手できる管理者ガイドの「Client Packagerを使用したインストール」項目の「検索方法」のページをご参照ください。
        
      また、Corp 11.0, XG をご利用の場合、[ドメイン]の設定項目で次のいずれかを選択します。
       
      クライアントによるドメインの自動報告を許可する:
      ウイルスバスター Corp.クライアントのインストール後、クライアントはウイルスバスター Corp.サーバデータベースにクエリを送信し、そのドメイン設定をサーバに報告します。
         
      リスト内の任意のドメイン:
      クライアントパッケージャがウイルスバスター Corp.サーバと同期し、クライアントツリーで現在使用されているドメインを表示します。
        
    5. [オプション](option)で、次のインストールオプションの必要な項目を選択します。
      不要であれば次項へ進んでください
        
      Silent Mode(サイレントモード)
      バックグラウンドでクライアントにインストールされるパッケージを作成します。 クライアント側ではインストールが実行されていることは認識されず、インストール状況ウィンドウは表示されません。
         
      Disable Prescan(インストール前のウイルス検索の無効化):
      セットアップ開始前にウイルスバスターCorpクライアントが実行する通常のファイル検索を無効にします。
        
      Force Overwrite with Latest Version
      本項目はアップデート用パッケージの作成時に使用します。
          
          
    6. [アップデートエージェント機能](Update Agent Capabilities)で、対象のコンピュータをアップデートエージェントとして使用する場合に選択します。
       
      また、クライアントユーティリティ(Client utilities)で、outlookのメール検索機能やSecure Clientの機能について選択します。
       
       
      ※各詳細については、こちらのページより入手できる管理者ガイドの
      「Client Packagerを使用したインストール」項目の「Update Agent Capabilities」、「Outlook メール検索」、「Check Point SecureClient Support」をご参照ください。
        
        
    7. [コンポーネント](components)に表示されている項目は、全てグレーアウトしている事を確認します。(本項目はアップデート用パッケージの作成時に使用します)
       
       
    8. [ソースファイル](Source file)の横に表示されている、ofcscan.ini ファイルの場所が正しいことを確認します。
       
      パスを変更するには、 をクリックしてofcscan.iniファイルを参照します。
       

       
      ※ofcscan.iniは、<インストール先フォルダ>\PCCSRV\ フォルダ内にあります。
       
      例)C:\Program Files\Trend Micro\Office Scan\PCCSRV\ofcscan.ini
       
       
    9. [アウトプットファイル](Outout file)で、保存先およびファイル名を指定します。
       
      保存先を指定には、 をクリックします。
       
        

       
       
      保存先の選択ならびにファイル名の入力を実施後、[保存]をクリックします。
      (下図例では、デスクトップ上にファイル名「クライアントパッケージャ」、ファイルの種類をEXE形式で作成しています。)
       

       
        
    10. 先ほど指定したパスとファイル名が表示されます。(日本語の場合、文字コードの影響で文字化けする場合がございますが、以降の作業に支障はありません。)
      問題なければ、[Create]ボタンをクリックします。
       
       
       
       
    11. パッケージが作成されます。
       

       
        
    12. パッケージ作成が完了しましたら、以下の画面が表示されます。
       

       
        
    13. 画面の[Close]ボタンをクリックし、作業を終了します。
       

       
       
    14. 以下のようなパッケージが作成されます。これをCD-Rに焼くなどして、インストールさせたいコンピュータ上でダブルクリックで実行してください。
      ※Vista 以降のOSは、パッケージを右クリックし、「管理者として実行」を
       選択します。
      

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報