印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

修正プログラム(Updateプログラム)の適用について

Solution ID
1117886
対象製品 
Deep Security - All;Deep Security as a Service - All; 
対象OS 
Linux - すべて, Solaris - すべて, UNIX - すべて, Virtual Appliance - すべてWindows - すべて,  
公開日 
2017/09/01 10:55 午前 
最終更新日 
2018/05/31 3:29 午後 

Trend Micro Deep SecurityおよびTrend Micro Deep Security as a Serviceは定期的にUpdateプログラムが公開されますが、どのようなタイミングで適用すればいいのでしょうか。

Trend Micro Deep Security(以下、Deep Security)およびTrend Micro Deep Security as a Service(以下、DSaaS)は、日々変化し続ける脅威への効果的な対策として定期的にUpdateプログラムを公開しています。
このUpdateプログラムの中には、リリースしてから1年を目途にサポートが終了するコンポーネントが含まれているため、一年毎を目安として最新バージョンを適用していただきますようお願いします。

なお、2018年の秋頃、Deep Security 11およびDeep Security 10はセキュリティアップデートからダウンロードできるコンポーネントを追加いたします。
一年毎にUpdateプログラムを適用することが難しい場合は、セキュリティアップデート機能を強化したDeep Securityへのバージョンアップをご検討ください。
バージョンアップ後のセキュリティアップデート機能では、ウイルス検出のためのコンポーネントも自動更新できるようになります。
以下の製品バージョンにおいては、2018年10月18日にプログラムに同梱されているウイルス検出のためのコンポーネントのサポートが終了します。

 

■対象バージョン
製品/
バージョン
ご利用のプラットフォーム
Deep Security Agentの
Updateプログラム名
Deep Security Agentの
ビルド番号
Deep Security Agent 9.5 Windows 9.5 Service Pack 1 Patch 3 Update 1 以上
9.5 Service Pack 1 Patch 3 Update 7 以下
9.5.3-5749 以上
9.5.3-7747 以下
Linux 9.5 Service Pack 1 Patch 3 Update 6(*) 以上
9.5 Service Pack 1 Patch 3 Update 7 以下
9.5.3-7707 以上
9.5.3-7747 以下
Deep Security Agent 9.6 Windows 9.6 Service Pack 1 Patch 1 Update 5 以上
9.6 Service Pack 1 Patch 1 Update 13 以下
9.6.2-7690 以上
9.6.2-8207 以下
Linux 9.6 Service Pack 1 Patch 1 Update 11 以上
9.6 Service Pack 1 Patch 1 Update 13 以下
9.6.2-8101 以上
9.6.2-8207 以下
Deep Security Agent 10.0 Windows 10.0 Update 5 Critical Patch 以下 10.0.0-2551 以下
Linux 10.0 Update 5 Critical Patch 以下 10.0.0-2551 以下
(*)9.5 Service Pack 1 Patch 3 Update 5は公開していません。


また以下に記載した製品バージョンにおいては、2018年2月末以降、プログラムに同梱されているウイルス検出のためのコンポーネントのサポートが終了しました。
製品/
バージョン
ご利用のプラットフォーム
Deep Security Agentの
Updateプログラム名
Deep Security Agentの
ビルド番号
Deep Security Agent 9.5 Windows 9.5 Service Pack 1 Patch 3 以下 9.5.3-5500 以下
Linux 9.5 Service Pack 1 Patch 3 Update 4 以下 9.5.3-7568 以下
Deep Security Agent 9.6 Windows 9.6 Service Pack 1 Patch 1 Update 4 以下 9.6.2-7599 以下
Linux 9.6 Service Pack 1 Patch 1 Update 10 以下 9.6.2-8065 以下

※ Deep Security Virtual Appliance (DSVA)もAgentにRedhat6 x64版を使用しているため対象になります。

 

なお、Updateプログラムには既知の問題に対する修正を累積的に含んでおり、最新のプログラムは既知の問題を包括的に解決いたします。

安定した状態で製品をご使用いただくためにも、弊社ではDeep SecurityおよびDSaaSをご利用されているすべてのお客さまにUpdateプログラムの適用を強く推奨しています。
また同一バージョンでDeep Security Manager (以下、DSM) ビルドよりも新しいビルドのDeep Security Agentを管理する場合、発生した問題に関する調査は承りますが、調査の結果から提供可能な解決策はDSMのアップグレードのみになる可能性があります。

■入手方法

Deep SecurityのやUpdateプログラムは製品最新版ダウンロードより入手いただけます。
また、Deep Security Manager の管理コンソールからも入手することができます。

■Updateプログラム適用状況の確認方法

「Deep Security Manager」のバージョンは、Deep Security Mangaerの管理コンソールにログインし、右上の [ヘルプ] > [バージョン情報] から確認できます。
Deep Security Agent / Deep Security Virtual Appliance 」のバージョンは、管理コンソールにログインし、[コンピュータ] 画面の [バージョン] 列から確認が可能です。

更新情報

2018/05/31 表内のDS9.6(Windows版)に記載した「Updateプログラム名」が誤っていたため、正しい名称に修正しました。
誤)Release: 9.6 Service Pack 1 Patch 1 Update 14
正)Release: 9.6 Service Pack 1 Patch 1 Update 13

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報