印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

Webレピュテーションの誤警告について

Solution ID
1116313
対象製品 
ウイルスバスター コーポレートエディション - 11, 10; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2016/12/20 9:55 午前 
最終更新日 
2016/12/22 10:55 午前 

2016年12月19日に以降、特定のURLがWebレピュテーション(以下、WRS)にてブロックされる事象が発生しています。
対処方法を教えて下さい。

問題が修正されたWebブロックリストのバージョンについて

Webブロックリストのバージョン10031427以降で修正を行っています。

スタンドアロンSmart Protection ServerでのWebブロックリストの確認方法はWebコンソール>アップデート>パターンファイル>パターンファイルのステータスのWebブロックリストの現在のバージョンを確認してください。

統合Smart Protection ServerでのWebブロックリストの確認方法はWebコンソール>管理>Smart Protection>統合サーバ>コンポーネントステータスのWebブロックリストの現在のバージョンを確認してください。

概要

2016年12月19日の21時以降、正しいドメインを含む多数のURLを誤ってブロックしていた事が判明しました。




対象のURL

2016年12月20日時点で、以下のサイトなどが誤ってWRSによりブロックされてしまう事を確認しております。



  • play.google.com:443/store/apps/details
  • flapi.nicovideo.jp:80/api/logger.php
  • rd.nicovideo.jp:80/cc/nicotop_sidemenu/video
  • mobile.twitter.com:443/session/new
  • mail.google.com:443/mail/?authuser=0
  • calendar.google.com:443/calendar/gpcal



影響範囲

  • 統合Smart Protection Server(以下、SPS)をお使いのお客様
  • スタンドアロンSmart Protection Serverをお使いのお客様


※Smart Protection Network(以下、SPN)側では既に上記URLをブロックしないよう修正が完了しているため、SPNをお使いのお客様には影響ありません。




回避方法

SPN側での修正は既に完了しているため、SPS側のデータの反映・同期が完了した時点で問題は修正されます。
Webブロックリストは1時間間隔、もしくは15分間隔で自動的にアップデートが試行されます。

アップデート元にTrend Micro Control Manager(以下、TMCM)を設定している場合、Webブロックリストのアップデートのタイミングはその設定に依存します。



手動でWebブロックリストを更新するには、統合スマートスキャンサーバでは、Webコンソール>管理>Smart Protection>統合サーバ>コンポーネントステータスのWebブロックリストの[アップデート] を実施下さい。

スタンドアロンSmart Protection Serverでは、Webコンソール>アップデート>パターンファイル画面で[アップデート]を実施下さい。

Webブロックリスト更新後も事象が解消しない場合、ブラウザのキャッシュ削除と合わせて端末の再起動を実施下さい。

また、対象URLをWRSの承認リストへ上記リストを登録する事でも回避が可能です。

引き続き検出が行われる場合

検出が行われるURLの情報とともに、弊社サポートセンターまでお問合せください。
このたびは、多大なるご迷惑をおかけしており、まことに申し訳ございません。

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報