印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

ボット検出機能の制限事項について

Solution ID
1112731
対象製品 
InterScan Web Security as a Service - All; 
対象OS 
SaaS - すべて 
公開日 
2015/10/16 6:25 午後 
最終更新日 
2015/10/16 6:25 午後 

本TOPICに関する情報は以下になります。

説明

管理コンソールの[セキュリティポリシー] - [高度な保護]をオンにする事で、ボットネット検出機能が有効になります。本機能により、ネットワークトラフィックを分析し、ボットがIWSaaS経由で行う不正な通信をブロックする事ができます。 
しかし、ボットがシステムのプロキシ設定を無視した振る舞いをする場合、ボットの通信がIWSaaSを経由せず、結果として通信をブロックすることができない可能性があります。
また、ブロックできた場合においても、ボットの通信がIWSaaSで正しく認証されない場合があるため、 アクセスログにユーザ名が記録されない可能性があります。
  • その他のIWSaaSに関する情報は、製品サポートWebページ内の最新版オンラインヘルプまたは製品Q&Aをご参照ください。

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報