印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

"ホストされているユーザアカウント"のインポート作業でcsvファイルを取り扱う際の注意事項

Solution ID
1110848
対象製品 
InterScan Web Security as a Service - All; 
対象OS 
SaaS - すべて 
公開日 
2015/05/22 9:43 午前 
最終更新日 
2015/05/22 9:42 午前 

本TOPICに関する情報は以下になります。

説明

IWSaaSでは、ホストされているユーザアカウントをインポートする際にcsvファイルを用いることが可能です。 このインポートに使用するcsvファイルの文字コードは、UTF-8である必要があります。 しかし、エクセルで保存したcsvファイルは、デフォルトでShift-JISにされてしまうため、文字コードを変更する必要があります。
文字コードがUTF-8ではないcsvファイルでインポートした場合、以下のような不具合が発生します。
  • 案内メールの宛名の文字化け
  • パスワード設定リンクが正しく表示されない
  • IWSaaSへの招待メールの配送失敗

文字コードの変更手順

  1. インポートするファイルをエクセルで編集し、csv形式で保存します。
  2. csvファイルを"メモ帳"などで開きます。
  3. メモ帳で開いたファイルを[名前を付けて保存]を選択します。
  4. [文字コード]から"UTF-8"を選択した状態でファイルを保存します。

インポート手順については、オンラインヘルプに記載されています

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報