印刷 ブックマーク 友達に教える トレンドマイクロ Q&Aページ

ウイルスバスター コーポレートエディション 10.5 Patch 6 の概要および適用方法

Solution ID
1103506
対象製品 
ウイルスバスター コーポレートエディション - 10.5; 
対象OS 
Windows - すべて 
公開日 
2014/05/22 10:32 午前 
最終更新日 
2014/05/22 10:32 午前 

ウイルスバスター コーポレートエディション(以降、ウイルスバスター Corp.) 10.5 Patch 6 の概要および適用方法について教えてください。

目次

・Patch6 とは
・インストールの前に
・最新版ダウンロード
・インストール手順
・予想適用時間
・インストールの確認手順
・ウイルスバスター Corp.クライアントへの配信確認手順
・インストールの後に
・アンインストール(ロールバック)手順
・制限事項

Patch 6 とは

本Patchには、ウイルスバスター Corp. 初期リリース以降に配布された不具合修正と追加機能が含まれています。

インストールの前に

インストールを行う前に、付属のReadmeファイルをお読みください。ウイルスバスター Corp.のご利用にあたり重要な情報が記載されています。


※注意 本Patch6 の適用前に、必ず下記の注意事項をご確認ください:

注意事項 )

現在、ウイルスバスター Corp.10.5 初期ビルド をお使いで かつ下記条件のすべてに一致する場合は、ウイルスバスター Corp. 10.5 Patch6 を適用するまえにウイルスバスター Corp.10.5 Patch1 を適用後、Critical Patch2105 を適用する必要があります。
   
- 「Webレピュテーションおよびスパイウェア対策」をアクティベーションしていない。
- 32ビットのウイルスバスター Corp. クライアント。
- Webコンソールの[クライアント管理]⇒[設定]⇒[追加サービスの設定] で [不正変更監防止サービス] が無効になっている。
 ※サーバプラットフォームOS では初期設定で「不正変更防止サービス」が無効になっています。

※ウイルスバスター Corp.10.5 Patch1

※ウイルスバスター Corp.10.5 Patch1 Critical Patch 2105

ウイルスバスター コーポレートエディション 10.5 Critical Patch (ビルド 2105)の適用手順はこちらをご参照下さい。

既に、Critical Patch (ビルド 2105) を適用いただいている場合、Patch6 の適用により、ウイルスバスター コーポレートエディション 10.5 Critical Patch (ビルド 2105)の修正が上書きされる事はありません。
ご参考に下記の図もご覧下さい。
≪ビルド番号の確認手順≫
1. ウイルスバスター Corp.の管理コンソールにログオンします。
2. 画面右上のリストボックスから [バージョン情報] を選択し、表示されるビルド番号を確認します。

最新版ダウンロード

本Patchは「ウイルスバスター コーポレートエディション 10.5 ダウンロードページ」からダウンロードできます。

インストール手順

本Patchのインストール手順は次の通りです。

1. 本 Patch を任意のフォルダに解凍します。

2. 解凍されたファイルから「corp105_win_patch6.exe」を実行します。

3. 使用許諾契約書をご一読いただいた上で問題無い場合は「仕様許諾契約書の内容に同意します」にチェックしていただき、「次へ」ボタンをクリックします。



4. 「インストール」ボタンをクリックします。



5. 本Patchのインストール中OfficeScan Master ServiceとWorld Wide Web PublishingもしくはApach2サービスが再起動されますので、コンポーネントのアップデート等の作業をされていないかを確認し「はい」ボタンをクリックします。



6. インストールが開始されます。



7. ウイルスバスター Corp.クライアントのTDIドライバやファイアウォールドライバのアップデートに伴う注意点を確認し、インストールを続行する場合は、「はい」ボタンをクリックします。

 *コンピュータの再起動が必要な場合について、ご参考までに下記の情報も公開しておりますのでご確認ください。

関連製品Q&A:
コンピュータの再起動が必要な場合の例

ファイアウォールドライバのアップデートに伴うネットワークコネクションの切断について



8. 以下の画面(インストール成功)が表示されましたら「OK」ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。

今回のパッケージサイズは次のとおりです。

ウイルスバスター Corp. 10.5 Patch6 パッケージサイズ総計 64.6 MB (圧縮)
Windows x86クライアント 27.4 MB
Windows x64クライアント 37.2 MB

予想適用時間

平均 5分間

*検証環境における修正プログラム適用に要した時間を記載したものです。ネットワーク環境や適用するコンピュータの性能などによって適用時間は異なります。あくまでも目安としてご利用ください。

インストールの確認手順

インストール後の確認手順は次の通りです。

1. 本 Patch が正常にインストールされたことを確認するには、ウイルスバスター Corp.の管理コンソールにログオンします。

2. 画面右上のリストボックスから [バージョン情報] を選択し、表示されるビルド番号が「2440」であれば本 Patch が適用されています。

ウイルスバスター Corp.クライアントへの配信確認手順

ウイルスバスター Corp.クライアントへ、本 Patch が配信されたことを確認する手順は、次のとおりです。

▽管理コンソールから確認を行う:
1. ウイルスバスター Corp. の管理コンソールにログオンします。
   
2. [ネットワーク上のコンピュータ]⇒[クライアント管理] で[クライアントツリー表示] を [すべて表示] に変更します。
   
3. [クライアントプログラム] の欄が[10.5.2440] になっている事を確認します。



▽クライアントのファイルで直接確認を行う:

1. ウイルスバスター Corp.クライアントのインストールフォルダ(初期設定: “C:\Program Files\Trend Micro\OfficeScan Client”)にアクセスします。

2. “PccNTMon.exe” を右クリックし、「バージョン情報」タブの「スペシャルビルド情報」が「10.5.0.2440」になっていることを確認します。

インストールの前に

インストールを行った後に、ウイルスパターンファイルおよびウイルス検索エンジンのアップデートを行うことを強くお勧めします。最新のウイルスに対応するために、ウイルス検索エンジン、ウイルス検索パターンファイルを、常に最新の状態に保っていただく必要があります。

アンインストール(ロールバック)手順

本Patchのインストール中に問題が発生した場合、ウイルスバスター Corp.サーバは自動的にロールバックされ、Patchインストール前の状態に戻ります。
また、本Patchのインストール後に問題が発生した場合、手動でロールバックをお試しください。

詳細につきましては、付属の Readme ファイルに記載された 「5.3 アンインストール手順」 をご覧ください。

制限事項

制限事項はありません。

このソリューションに関して、ご意見をお聞かせください。

  • このソリューションは問題解決に役に立ちましたか。

  • このソリューションの内容を改善するために、ご提案/ご意見がありましたらお聞かせください。
    • ※こちらにご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。
      何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

再検索する

検索

こんなQ&Aもチェックされています

問い合わせする

お役立ち情報