ウイルスパターンファイルについて

このページでは、トレンドマイクロ製品で使用するウイルスパターンファイルの説明をしています。

ウイルスパターンファイル番号

ウイルスパターンファイル番号は以下のような7桁のすべて数字の番号で表記されます。
  xx.xxx.xx
例) 12.394.00
このウイルスパターンファイル番号は、ウイルスパターンファイル情報ページより確認できます。

ウイルスパターンファイルの更新時間と頻度

ウイルスパターンファイルの更新時間は、下記ページ内の、”パターンファイル詳細(whatsnew.txt)(米国時間表示)”をご確認ください。

ウイルスパターンの更新頻度は、基本的に曜日・休日を問わず毎日行われています。ただし、緊急リリースなどにより、1日に複数回更新される場合もあります。

ウイルスパターンファイルの種類とその入手方法

ウイルスパターンファイルには検証ポリシーにより3つの種類に分かれます。通常、オフィシャルパターンファイルは、製品のアップデート機能により、アティブアップデートサーバからダウンロードされます。

名称検証ポリシー入手方法
オフィシャル
パターンファイル
ウイルス解析センター「TrendLabs(トレンドラボ)」にて十分な品質テストを実施

ActiveUpdate(アップデート用のサーバ)に公開され、製品のダウンロード機能によりダウンロードが可能な正規バージョン
製品のダウンロード機能または最新版ダウンロードより入手可能
コントロール
パターンファイル
オフィシャルパターンと同一のテストを実施

製品からの自動ダウンロード/差分更新ができないため、手動でのダウンロード/更新が必要
バージョン表記が、x.xxx.80のパターンファイルに関しては提供を行っていません。
バンデージ
(暫定)パターン
ファイル
パターンファイルに追加したウイルスが見つかるかどうかのみのテストを実施

バンデージパターンファイルは、様々なマシンで正しく実行されるかどうかは動作確認されていません。
ウイルスレスポンスサービスレベルアグリーメント契約に基づき提供

その他のパターンファイルについて

ウイルスパターンファイルのほかに、下記のようなパターンファイルを提供しています。

  • スパイウエアパターンファイル
  • ダメージクリーンナップテンプレート
  • ネットワークウイルスパターンファイル(ファイアウォールパターンファイル)
  • 脆弱性診断パターンファイル
  • フィッシングパターンファイル
  • パターンファイルリリース履歴
  • IntelliTrapパターンファイル
  • ネットワークコンテンツパターンファイル
  • フォレンジックス駆除テンプレート
  • スマートスキャンパターンファイル
  • 挙動監視パターンファイル
  • スパムメール判定ルール
  • 侵入防御ファイアウォールパターンファイル(Deep Security セキュリティアップデート

それぞれのパターンファイルをしようしている製品については下記ページをご確認ください。